ここから本文です

King Gnu「The hole」、みゆはん「恋人失格」……観終えた後に余韻残すドラマ風MVが増加

6/3(月) 17:02配信

リアルサウンド

 近年、ドラマ風のMVがますます増えてきた。アーティストが出演しないストーリー仕立てのMVは今までにもあったが、作品のクオリティが年々上がっていることで、まるでドラマを観終えた時のような余韻を残すものも多い。例えば、昨年の冬に公開されたRADWIMPS「そっけない」のMVは、小松菜奈と神尾楓珠演じる男女の「届きそうで届かなそうな」恋愛のワンシーンが切り取られている。細やかな心理描写から伝わってくる切ない恋心に、SNSやYouTubeのコメント欄には共感の声が飛び交うなど、大きな反響があった。

King Gnu『Sympa』全国ツアーファイナル公演【写真】

 もともと、TVドラマと主題歌の相性の良さは話題になりやすいものであるが、ドラマタイアップは大体が既存のストーリーを基にした書き下ろしになるため、アーティストがドラマの世界観を楽曲で表現していると言った方が近い。一方で、ドラマ風MVの中で展開されるのは紛れもなくその楽曲から生まれたストーリーであり、楽曲の世界観が限りなく100%に近い純度で映像に落とし込まれている。聴覚と同時に視覚からも届けられることで、楽曲の世界観により厚みや彩りが加わり、曲単体で聴くのとはまた少し捉え方が変わってくるパターンも少なくない。

 そんなドラマ風MVの中から、最近公開されたもので特に印象に残っている2作品を紹介していきたい。

清水尋也主人公演じる、King Gnuの「The hole」

 まずは、男女3人の揺れ動く恋模様が描かれたKing Gnuの「The hole」だ。

 清水尋也演じる主人公は、MVの中に出てくる男性と女性どちらとも恋人のような関係にある。それぞれを繋ぐものが「愛」なのか「情」なのか、はたまた「情欲」に近いものであるのか、観る人によっては解釈が異なるかもしれない。私の目には、程度は違えども誰もが持ちうる「心の穴」を埋めてくれる相手と、埋めたい相手が違うことで悲しい結末を迎えてしまったラブストーリーに映った。恋愛においてそれが一組に合致するのがベストだが、現実はズレてしまう可能性もある。〈愛を守らなくちゃ/あなたを守らなくちゃ〉という歌詞が女性に対する主人公の気持ちと重なるものだとすれば、どこか翳のある主人公の表情には、純粋に「あなたを守る」と言い切れないもどかしさや迷いが現れていると言える。最終的に気持ちが定まったかと思われたところで悲劇が起こり、ラストは女性がベッドの上で涙を流すシーンで終わる。この曲はどこまでも立ち込める暗闇と、そこに微かに光が差す可能性が同居した作品だが、その絶妙な神秘性や光の儚さがこのドラマで表現されている。

1/2ページ

最終更新:6/3(月) 17:02
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事