ここから本文です

映画『ロケットマン』、世界39カ国で興収1920万ドル超えの好発進

6/3(月) 22:00配信

Rolling Stone Japan

エルトン・ジョンの伝記映画『ロケットマン』が、5月31日より全米ほか世界39カ国で公開。昨年大ヒットした音楽映画『アリー/スター誕生』の1400万ドル(31カ国)を凌ぐ大ヒットスタートを記録している。

予告編を見る|映画『ロケットマン』、世界39カ国で興収1920万ドル超えの好発進

アメリカの辛口映画批評サイト「Rotten tomatoes」で90%フレッシュの大絶賛を受けた本作は、先行公開のイギリスを除くインターナショナル・オープニングでは1920万ドル(39カ国)を記録。イギリスを合わせたインターナショナル累計は約3120万ドルを突破したという。

また、先週公開を迎えたエルトン生誕の地イギリスでは公開週末の興収が680万ドルを超えており、この記録は同国での『グレイテスト・ショーマン』(650万ドル)、『アリー/スター誕生』(537万ドル)を上回り、国民的アーティストの偉業に華を添えるロケットスタートと呼べるだろう。全米での封切りでは、各劇場に映画ファンやエルトン・ファンはもちろんのこと、本作の大好評を聞きつけた観客が殺到。出口調査では観客の60%が女性という結果も出ているとのことだ。

SNSでは、『グレイテスト・ショーマン』のヒュー・ジャックマンが「タロン、デクスター、君たちは本当に素晴らしい映画を作った。ちょうど試写が終わったところだけど、素晴らしかったし、本当におめでとう。世界中がこの作品を見るのが待ち遠しいよ。みんなを誇りに思う!」とツイートを投稿。夏の日本公開へむけて期待が高まる。

映画『ロケットマン』は、8月23日より全国ロードショー。

<映画情報>

『ロケットマン』
2019年8月23日(金)より全国ロードショー
監督:デクスター・フレッチャー『ボヘミアン・ラプソディ』 製作総指揮、監督(ノン・クレジット)
脚本:リー・ホール『リトル・ダンサー』
製作:マシュー・ヴォーン『キングスマン』シリーズ、エルトン・ジョン
キャスト:タロン・エガ-トン『キングスマン』シリーズ、ジェイミー・ベル『リトル・ダンサー』、
ブライス・ダラス・ハワード『ジュラシック・ワールド』、リチャード・マッデン「ゲーム・オブ・スローンズ」
原題:ROCKETMAN
配給:東和ピクチャーズ
©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

Rolling Stone Japan 編集部

最終更新:6/3(月) 22:00
Rolling Stone Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事