ここから本文です

前代未聞の事件でアフリカ王者決定 “棄権”クラブの地元メディア糾弾「歴史的スキャンダル」

6/3(月) 22:30配信

Football ZONE web

カサブランカがオフサイドの判定に猛抗議 オン・フィールド・レビューを求め試合が中断

 アフリカ大陸のクラブ王者を決めるCAFチャンピオンズリーグ決勝エスペランス(チュニジア)vsウィダード・カサブランカ(モロッコ)の第2戦が、現地時間5月31日にエスペランスのホームであるチュニジアで行われた。試合は判定に不服を示したカサブランカが試合続行を拒否したため、エスペランスが今季のアフリカ王者となった。このことに対して、カサブランカの地元メディア「モロッコ・ワールド・ニュース」は、「アフリカのサッカー史上で忘れられないスキャンダル」と、その内容を報じている。

 第1戦をホームで迎えたカサブランカは1-1で引き分けて、敵地に乗り込むことになった。第2戦では、前半42分にエスペランスのアルジェリア代表FWユセフ・ベライリにミドルシュートを決められ、先制を許してしまった。

 なんとしても追いつきたいカサブランカは、後半14分に相手ゴールネットを揺らすことになった。左からのクロスにモロッコ代表MFワリード・エル・カルティがギリギリで相手の最終ラインから飛び出し、頭で合わせて同点に追いついたかのように思われた。しかし、副審の旗が上がっておりオフサイドの判定となった。

 その後、エスペランスの間接FKで試合は再開されたが、直後にエスペランスのファウルで試合が止まると、カサブランカの選手やベンチが審判員たちに抗議を始めた。それぞれが主審や第4の審判員などに詰め寄ってオン・フィールド・レビューのジェスチャーをして、VARにアドバイスを求めるようアピールをしていた。

 試合を進めようとした主審が両チームのキャプテンを呼んで説明したが抗議はヒートアップ。熱くなったファンがスタンドから侵入してくるなど、会場は一時危険な状態となった。試合は中断されてCAF(アフリカサッカー連盟)の役員たちも交えた話し合いが繰り返されていたが、中断からおよそ90分後に試合再開を拒否したカサブランカは棄権と見なされ、エスペランスの勝利が告げられることになった。

1/2ページ

最終更新:6/3(月) 23:39
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事