ここから本文です

オフィスビル大量供給で玉突き移転? 高まる二次空室リスク

6/3(月) 10:00配信 有料

週刊ダイヤモンド

比較的新しいと思われるオフィスビルで見掛けた、テナント募集の看板。駅から徒歩10分ほどの場所だった

デベロッパーは新しくオフィスビルを建て、事業拡大のために企業は移転を考える。すると既存ビルに生じるのが二次空室だ。オフィス大開発時代にあって、そのリスクは高まっている。 新築オフィスビルの大量供給の裏で、既存ビルから次々と企業が抜けていく「二次空室」が大量に生じるのではないか──。実は2018年以前、そんなリスクが業界内で懸念されていた。 本文:1,739文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

--週刊ダイヤモンド編集部--

最終更新:6/3(月) 10:00
週刊ダイヤモンド

おすすめの有料記事

もっと見る