ここから本文です

ジャイアント馬場のプロレス観も凌駕。 四天王に「こいつらはすごい」

6/3(月) 6:17配信

webスポルティーバ

「名誉レフェリー」の追憶・ジャイアント馬場 前編

 1972年に全日本プロレスを旗揚げし、日本プロレス界をけん引したジャイアント馬場。団体の未来のため、自らの後継者についてどんな考えを持っていたのか。また、馬場のプロレス観を変えたという、「四天王」のプロレスをどう評価していたのか。全日本プロレスの「名誉レフェリー」で、馬場のマネージャーも務めていた和田京平が当時を振り返る。  馬場は、全日本プロレスを旗揚げしたと同時に、ミュンヘン五輪レスリング日本代表の鶴田友美、のちのジャンボ鶴田を獲得。鶴田は翌年に国内デビューすると、次期エースとして活躍した。

【写真】米国でのもてなしに大仁田厚、感激。7度目の復帰で邪道の次なる野望

 さらに1976年には、大相撲の幕内力士だった天龍源一郎が入団する。全日本プロレスの「名誉レフェリー」である和田京平によると、馬場が"自らの後継者"として考えていたのは、その天龍だったという。

「鶴田さんは本当に優等生でした。リング上では、馬場さんの教えをそのまま実践していましたし、技や試合展開についても馬場さんが何も言わなくてもすぐに覚えました。ただ、いい意味で野心がない人で、そういう意味では本当に"サラリーマン"でした。だから鶴田さんは、自分の仕事はきっちりこなすけど、例えば若手選手や社員、後援者とかを引っ張っていくことはなかった。馬場さんは『ジャンボにはそれだけは教えられなかった。もうちょっとプロレスを真剣に考えてほしかった』とよく言っていましたよ。

 逆に、バカ正直にプロレスのことを考えたのが天龍さんでした。馬場さんも『天龍は、プロレスのことだけしか考えていないんだよ。そこがあいつのよさだよなぁ』と目を細めていました。また、全日本プロレスという会社のことを考え、『オレがこの会社を辞める時がきて、次の社長はどうするかって考えると、プロレスのことをいつも考えている天龍だよな』ともおっしゃっていました。だから、馬場さんの後継者は天龍さんだったんですね」

 馬場が後継者として考えていた天龍だが、1990年に新団体「SWS」に移籍し、その構想はご破算になった。あの移籍がなければ、天龍は「名実共に全日本でトップに就いていた」と、和田は振り返る。

1/3ページ

最終更新:6/3(月) 6:17
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事