ここから本文です

故障を抱えながら44歳までよく投げた。上原浩治はまぎれもなく巨人のエースだ【堀内恒夫の多事正論】

6/4(火) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

筆者が巨人監督時代、2年連続で上原に開幕投手を任せた/写真=BBM

 巨人・上原浩治が現役を引退した。古巣に復帰して2年目の今季は一軍から1度も声が掛からず、ファームでも打たれていた。本人は今季限りでやめるつもりでいたようだが、シーズンが押し詰まると、クライマックスシリーズや日本シリーズがある。そのときに明らかにするとチームに迷惑を掛ける、という配慮もあっての表明だったようだ。

 上原と間近で接したのは2年間しかない。私が監督をしていた2004年、05年の2年間だ。彼にはその2年とも開幕投手をやってもらった。指名するときに迷いはなかった。上原はすでに入団2年目の00年に開幕投手を務めてから4年連続で大役を担っていた。つまり、開幕投手は彼しかいなかった。

 上原との思い出の中には印象に残るシーンがある。監督2年目のシーズンだったと思う。場所は東京ドームのトレーナー室。上原が治療を受けているところだった。その姿を見て衝撃を受けた。テーピングのテープが・・・ 本文:1,295文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:6/4(火) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る