ここから本文です

セ・リーグ6球団、開幕投手の現状は?

6/4(火) 11:01配信

週刊ベースボールONLINE

シーズンが開幕してから2カ月が過ぎ、交流戦もスタートするが、果たして開幕投手はしっかりと投手陣の中心的存在としてマウンドで仁王立ちしているのか。ここではセ・リーグ各球団の開幕投手の現状を見ていこう(記録は6月3日現在)。

【動画】菅野、異変の兆候?ルーキーに一発浴びる

読売ジャイアンツ

 開幕戦こそ広島・大瀬良大地との投げ合いで黒星スタート(7回1失点)となった菅野智之だが、その後は7戦で5勝を積み上げた。ただし、序盤戦は失点も多く、5月15日の阪神戦(甲子園)では自己ワーストの10失点。2年連続沢村賞右腕が防御率4.36はらしくない。その後、22日のDeNA戦に登板予定も、直前の調整で腰に違和感を覚えて登板を回避、登録も抹消され、三軍での調整に回った。最短10日での復帰はかなわず、6月2日にようやくブルペン投球を再開。交流戦期間中の復帰が見込まれる。

阪神タイガース

 球団タイ記録となる5年連続6度目の開幕投手を務めたメッセンジャー。今季、矢野耀大新監督となっても、その信頼は絶対的だった。3月29日のヤクルトとの開幕戦(大阪ドーム)では7回1失点(勝敗つかず)でエースらしい投球を見せた。今季38歳を迎え、全盛期の150キロを超える剛球投手から、さまざまな球種を交え、打たせて取る投球にスタイルが変わっている。その後、試合途中、右腕に打球を当て登録抹消となった時期もあった。復帰後すぐに完投勝利を挙げたものの、2勝5敗、防御率4.71と勝ち星に恵まれていない。交流戦前の5月25日のDeNA戦(横浜)で135球を投げたこともあり、1回先発ローテを飛ばし、リフレッシュした形で交流戦で再スタートを切る。

中日ドラゴンズ

 初の大役を担った笠原祥太郎は、先発ローテーションを守りながら、安定した投球で4試合2勝無敗と台所事情の苦しいチームを支えていた。しかし、4月下旬、不整脈のような症状を訴えて先発を回避すると、「発作性上室性頻拍」と診断され、登録抹消。その後はカテーテルアブレーション治療を行い、症状は改善、現在は二軍でリハビリに取り組んでいる。診断の結果、特に運動の制限はないようで、すでに投球練習も再開しており、実戦復帰も間もなく。一軍への合流は、二軍での登板を経てからとなる。

1/2ページ

最終更新:6/17(月) 18:37
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事