ここから本文です

中日・R.マルティネス投手 キューバ代表の抑えが/わがチームの速球王

6/4(火) 12:02配信

週刊ベースボールONLINE

 「勝利の方程式」を構築中の中日にあって、育成出身の右腕が存在感を示している。キューバ出身のR.マルティネス。今季は4月12日に一軍昇格すると、セットアッパーに定着。激しい外国人枠争いを制し、昨季打率.321をマークしたアルモンテを二軍に追いやる形になった。

 飛躍の要因が直球の質向上。もともと193センチの長身から投げ込む直球には力があったが、オフも継続してウエート・トレーニングに励んだ結果、体は明らかに大きくなり、最速は昨季の154キロから158キロに伸びた。

 「100マイル(160キロ)を出したいというのが目標としてあって、そのためにオフのトレーニングも頑張った。あとちょっとだから早く出したい」

 その球威は、昨季日本球界左腕最速の159キロを記録したロドリゲス、5月16日のDeNA戦(横浜)でプロ入り後最速タイの156キロをマークした鈴木博志をもしのぐ。防御率は1点台で、安定感でも群を抜く。

 22歳の若さでキューバ代表の抑えも務め、東京五輪での活躍も期待される。キューバ野球連盟が4月に公表したMLBに移籍が可能な選手リストにも名を連ねた右腕。アメリカのトランプ政権が移籍協定を却下したことで、先行きは不透明だが、メジャー球団もその動向に注目する。
 
 「日本が気に入っているから。日本でずっとプレーしたい」
 だが今は、中日救援陣の核になる。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:6/4(火) 12:02
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事