ここから本文です

メルセデスAクラスに待望のディーゼル登場、トルクフルでスポーティな走りを楽しめる!【試乗】

6/4(火) 12:03配信

Webモーターマガジン

内外装はA180とまったく変わらない

2019年3月25日に発表された、ディーゼルエンジンを搭載したメルセデス・ベンツ Aクラスの「A200d」に試乗した。ガソリンエンジン搭載車のA180と、走りっぷりはどう違うのだろうか。

【写真】インパネやシート、ラゲッジルームなどをもっと詳しく見る

メルセデス・ベンツ Aクラスの売れ行きは日本でも好調だ。2018年秋に日本デビューして半年以上が過ぎたが、販売台数は通算で5000台を超え、いま(2019年6月)注文しても納車は早くて秋ごろ、遅いと年内いっぱいになってしまうという。

また、購入者の半数以上が他ブランドからの乗り換えで、女性ユーザーの比率も約25%。もっともこの数字は契約書名義ベースだから実際にはもっと多いのだろう。

というわけで、販売好調のAクラスだが、さらにその数を伸ばすべく、ディーゼルエンジン搭載車の「A200d」が日本仕様のラインアップに追加された。

メルセデスのコンパクトカーに初めて搭載されたクリーンディーゼルエンジン「OM654q型」は、すでにC&Eクラスに搭載されて定評のある2L直4の「OM654型」をベースに横置きとしてFFに対応したものだ。

従来の排出ガス処理システムに加え、アンモニアスリップ触媒(ASC)を備えるSCR触媒を増設し、ヨーロッパで2020年に施行予定のEURO6d規制をクリアしている。

組み合わされるトランスミッションは、ガソリン車のA180では7速DCTだったが、このA200dではメルセデス初の8速DCTとなる。

内外装はガソリンエンジン車とまったく変わらない。リアの「A200d」のエンブレムと、全面モニターのメーターパネルでタコメーターを表示したときに、レッドゾーンが4600rpmからになっていることくらいだ。

ハンドリングは軽快でキビキビ走る

イグニッションボタンを押して、エンジンをかける。するとディーゼルらしい独特の音と、わずかな振動を感じる。ATのセレクターをDに入れ、アクセルを静かに踏み込めばスッと加速する。車重はA180より120kgほど重い(日本仕様のスペックは未発表)というが、120Nmも大きいトルクのおかげで、その差は感じない。

今回は市街地を中心に少しだけ首都高速も走ってみるという短時間の試乗だったが、パフォーマンス的にはA180との差は感じない。ディーゼルエンジン独特の音と振動は少し気になったが、それはA180と比べてしまってのこと。A200dだけに乗っていれば、Cセグメントのコンパクトカーとしては不満のないレベルにある。

A180同様、ハンドリングは軽快。そのスタイルどおり、街中ではキビキビと走ってくれる。市街地走行では頻繁にアイドリングストップするが、再始動時のショックは少ない。

安全&快適装備もA180と変わらない。「ハイ! メルセデス」でおなじみのMBUXはけっこう役に立つし、車線変更まで自動で行うインテリジェントドライブの出来も良い。

今回は燃費の計測はできなかったが、メルセデス・ベンツ日本のスタッフが慣らし運転で高速道路をクルーズしたら、23km/Lくらいは走ったという。となれば、市街地走行でも17~18km/Lくらいは走ってくれるだろう。

A180スタイルとの価格差は30万円。もう、これはエンジンの価格差だけ。だが、取得時の税金や燃料代の差などを考えると、実際の差額はもっと小さいか、長く乗っていればランニングコストは安くなるかもしれない。

月に1回以上はゴルフやツーリングに行くとか、長距離移動が多い人にはA200dはオススメだ。でも、市街地での使用が中心で、長距離移動は年に数回…というなら、A180で十分だろう。

甲乙つけがたい2台だから、ここは使い方や予算と検討して、自分に合った1台を選んでみたい。(文:篠原政明/写真:井上雅行)

メルセデス・ベンツ A200d 主要諸元(欧州参考値)

・全長×全幅×全高:4436×1796×1440mm
・ホイールベース:2729mm
・車両重量:1550kg
・エンジン型式/種類:OM654q型/直4DOHCディーゼルターボ
・排気量:1950cc
・最高出力:110kW(150ps)/3400-4400rpm
・最大トルク:320Nm(32.6kgm)/1400-3200rpm
・WLTCモード燃費:未発表
・トランスミッション:8速DCT
・タイヤ:205/60R16
・車両価格:399万円(税込み)

Webモーターマガジン

最終更新:6/4(火) 12:03
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事