ここから本文です

ベジクタシュ新監督が香川真司の再獲得を熱望! ドルトムント僚友との二枚獲りを狙う

6/4(火) 5:25配信

SOCCER DIGEST Web

どんな逆転のシナリオを用意しているのか

 現在、キリンチャレンジカップに臨む日本代表に合流中の香川真司。ベジクタシュでの4か月間に及んだレンタル期間を終え、所属元のボルシア・ドルトムントに籍を戻しているが、来季の構想外となるのは明らかだ。イングランドのウェストハム・ユナイテッドやエバートンなどが新天地候補に挙がっている。

 そんななか、トルコの複数メディアが報じているのがベジクタシュの“再アタック”だ。香川を最後までレギュラーとして起用しなかったセノール・ギュネス監督が退任し、トルコ代表監督に復帰。代わって招聘されたのが、バシャクシェヒルをトルコ屈指の強豪に鍛え上げた智将、アブドゥラ・アブシェだ。この新指揮官が、香川の才能にご執心なのだという。

【画像】「美人すぎる」「可愛すぎる」ワールドクラスの妻&恋人たち

 全国紙『Sabah』は「アブジェ新監督はスカッドの見直しに着手した。すでに退団が決まっている選手についてももう一度吟味すると語っており、不満を抱いているリカルド・カレスマの前線起用にも言及している」と記し、「指揮官はカガワに対してはきわめて高い評価を下している」とした。しかも、「ベジクタシュは同じくドルトムントで戦力外のオマル・トプラクとカガワの二枚獲りを画策している」のだという。

 トプラクはトルコ代表CBで、2017年夏に鳴り物入りでバイヤー・レバークーゼンからドルトムントに入団。1年目は重宝されたが、ルシアン・ファーブル政権となった今季は出場機会が激減した。この夏にドルトムントは香川を含めて大量12選手の放出が予想されるが、トプラクもそのひとりだ。

 ただ、香川もトプラクも、ドルトムント側は完全移籍での売却を目ざしている。獲得となるとそれぞれ1000万~1200万ユーロ(約13億~15億6000万円)の費用を捻出せねばならない。トルコのスポーツサイト『Sporx』によれば、「ベジクタシュは両選手のレンタル契約を打診する予定。ドルトムントは交渉のテーブルに着くだろう」と予測するが、どうだろうか。とくに香川とドルトムントの現行契約は来年夏までで、ここで売却しなければ1年後にはフリートランスファーとなってしまう。ローン提示は受け付けないと予測されるが……。

 冬の獲得の際も、粘り強い交渉と熱いハートで香川を射止めたベジクタシュ。なにかしらの逆転シナリオを描いているのか。今後の動向に注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:6/4(火) 7:21
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事