ここから本文です

【QUINTET】桜庭和志が秋田県スポーツ大使に就任。秋田県庁で「QUINTET」開催を打診

6/4(火) 21:57配信

ゴング格闘技

組み技格闘技・グラップリングの団体戦などを行う「QUINTET」のプロデューサーで、秋田県潟上市出身の桜庭和志が6月4日、秋田県庁を訪れ、「秋田県スポーツ大使」に就任することが発表された。

【写真】桜庭和志がプロデュサーを務めるQUINTETは女子大会も開催

秋田商業でレスリングを始め、中央大学を経てプロの格闘家になった桜庭はこの日、秋田県庁で佐竹敬久知事を表敬訪問。QUINTETの活動について「大会は国内だけでなくアメリカのラスベガスでも開催していて、外国人からも人気があります」とPRした。

「秋田は柔道やレスリングが盛ん。県庁でQUINTETをやっていいですか?」

佐竹知事より「秋田は魅力を発信する機会が少なく地味に思われているので、秋田のこともぜひ宣伝してほしい」と、その場で秋田県スポーツ大使への就任を要請された桜庭は快諾。就任が決定した。

佐竹知事にサイン入りの色紙を贈った桜庭はさっそく「秋田は柔道やレスリングが盛んで、秋田の人たちは試合の見どころがわかると思うので大会を開催してみたいです。県庁でQUINTETをやっていいですか?」と積極的なアピール。果たして故郷の秋田でもQUINTETが開催されるか。4月の東京・立川大会で桜庭は自身の再出陣にも意欲を示しており、今後の動向が注目される。

最終更新:6/4(火) 22:02
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事