ここから本文です

新しいアパレル産業モデルを3つ考えてみた

6/4(火) 18:00配信 有料

WWD JAPAN.com

アディダスの「フューチャークラフト.ループ」

 膨大な売れ残りの廃棄や焼却、生産のための環境汚染への批判--。アパレル産業はかつてない逆風にさらされている。慢性的な在庫過多は解決したくてもできない必要悪だと思いこんできたが、社会の変化はそうした“限りある資源の無駄遣い”を許さない風潮に変わりつつある。象徴的な例が、イギリスで巻き起こった「バーバリー」の在庫焼却処分への厳しい批判だ。「バーバリー」のような高級ブランドは、不良在庫を市場に放出すればブランド価値が毀損する。高級ブランドであれば当然のように行ってきた慣習だった。これまでアパレル産業は季節の変わり目に、高級ブランドからファストファッションまで業界一丸となって“トレンド”を作ることで、消費を喚起し、産業を発展させてきた。だがアパレル批判の根本にあるのは、この産業構造そのものなのだ。では、どうすればいいのか。極論ながら、新しいモデルを考えてみた。(この記事はWWDジャパン vol.2086からの抜粋です) 本文:2,178文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:6/5(水) 12:05
WWD JAPAN.com

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る

Yahoo!ニュースからのお知らせ