ここから本文です

小島健輔が警鐘『ブランド旗艦店が消えていく』

6/5(水) 5:00配信

商業界オンライン

  アバクロンビー&フィッチ社はオムニコマース対応の店舗再編の一環として19年末に「Abercrombie&Fitch」のミラノ旗艦店、2020年後半には福岡旗艦店(1565平米)も閉店する。17年には香港、19年第1四半期にはコペンハーゲンの旗艦店も閉店しており、19年第2四半期には「Hollister」のニューヨークSOHO旗艦店も閉店する。海外はもちろん日本国内でもアパレルブランドの旗艦店閉店が相次いでおり、法外な家賃負担に耐えて旗艦店を維持する体力も戦略的意義も崩れつつあるようだ。

アバクロの法外な家賃負担

 アバクロンビー&フィッチ社のEC比率は18年1月期で27.9%に達していたからC&Cによるオムニコマースの効率化と店舗布陣の再編を進めるのは当然だが、本音は旗艦店のあまりに重過ぎる家賃負担だったのではないか。

 閉店する福岡店は2010年から15年間の定期借家契約による一棟借りで、年間の推定家賃は3億3100万円。2020年後半に閉店すると定期借家期間が5年残るから、巨額の違約金が発生すると思われる。福岡店は「Abercrombie&Fitch」旗艦店としては世界一売上げが低いといわれ、アウトレット店に転換したり旗艦店に戻したりと試行錯誤してきた。賃貸面積は1564.7平米だが売場として使っているのは1~3Fの250坪弱で、年間売上げはバックリだが6億~8億円と推察される。

 福岡店は売れてないといっても家賃と売上げの見合いは旗艦店としては健全な方で、売上げを最も低く見ても売上対比の家賃負担率は55%、一番高く見れば41%強に収まる。採算が厳しいから福岡旗艦店を閉めるのなら、年間家賃が14億4000万円といわれる銀座旗艦店は一体どうなるのだろうか。

 銀座旗艦店は福岡旗艦店と同じ一棟借りで09年12月に開店しているが、おそらく福岡旗艦店同様な15年契約の定期借家契約と思われる。11フロアで延べ床面積は2121平米もあるが、店舗面積は974平米と限られる。売上げはつかみようがないが、ワンフロアの狭い多層階構造と近年の人気低迷を考えれば年間売上げは10億~12億円ほどではないか。

 ならば売上対比の家賃負担率は120~144%。売上げを大きく上回る家賃を支払っている訳で、店舗損益は当然、大赤字だ。あまりの家賃負担に、銀座旗艦店を一棟借りしているAFHジャパン合同会社(アバクロ社の日本法人)は賃料減額を求める訴訟を起こしたほどだ。訴訟は所有者の移転によって16年4月に取り下げられたが、その後のインバウンド客急増による家賃相場の上昇を考えれば家賃が減額されたとは考えにくい。

※アバクロ全社平均の坪販売効率は19年1月期で1万3214ドル/年

1/3ページ

最終更新:6/5(水) 5:00
商業界オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

商業界オンライン

株式会社商業界

流通業界で働く人の
オールインワン媒体

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事