ここから本文です

明治大学海野教授が目の当たりにした興行師トランプの凄み

6/5(水) 12:20配信

Wedge

 今回のテーマは、「トランプとバイデンの集会はどこが違うのか」です。2020年米大統領選挙における民主党の最有力候補であるジョー・バイデン米前副大統領が5月18日、東部ペンシルバニア州フィラデルフィアで支持者を集めた集会を開催しました。一方、ドナルド・トランプ米大統領は2日後の20日、同州モントゥアズビレで支持者集会を開いています。本稿では、現地調査に基づいてトランプ・バイデン両氏の集会を比較します。

クリントン陣営と類似

 まずバイデン前副大統領の支持者集会から紹介しましょう。フィラデルフィアでの集会は、午前11時開門で、午後1時開始でした。滞在先のホテルから集会場まで徒歩で向かうことも可能でしたが、すでに長蛇の列ができていると思い、タクシーを使うことにしました。

 ところが筆者がイベント開始約5時間前の午前8時15分に到着すると、開門を待っていたのはわずか4人でした。これは意外でした。

 バイデン陣営には確かに若者のボランティアがいますが、集会の参加者は全体的に年齢層が高く、クリントン陣営と類似しているという印象を持ちました。仮にこの第一印象が正しければ、16年米大統領選挙における民主党候補指名争いでバーニー・サンダース上院議員(無所属・バーモンド州)に若者票を奪われたヒラリー・クリントン元国務長官と同様、バイデン氏も若者票の獲得に苦戦するということになります。

 今回の民主党候補指名争いでは、サンダース上院議員のみならず、ピート・ブディジェッジ市長(インディアナ州サウスベンド)及びべト・オルーク元下院議員(テキサス州)も若者に人気があります。

 加えて、バイデン氏の集会では1列目で演説を聞いている支持者の熱狂度のレベルは高いのですが、全体的に熱意に欠けています。これもクリントン氏の集会と共通している点です。

 バイデン陣営はフィラデルフィアの集会に6000人が参加したと発表していますが、その数字には大いに疑問があります。というのは、バイデン陣営は空席を作らないために、小さな会場で集会を開催しているからです。それでも集会が開始されるギリギリまで満席になりませんでした。

1/4ページ

最終更新:6/5(水) 12:20
Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2019年8月号
7月20日発売

定価540円(税込)

■特集 ムダを取り戻す経営――データ偏重が摘んだ「創造の芽」
■ケータイ業界はぬるま湯体質を打破できるか
■ホルムズ危機で露呈 脆弱なエネルギー安保

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事