ここから本文です

ディテール徹底比較! W800カフェ/ストリート ~53年目の新時代へ〈後編〉

6/5(水) 17:31配信

WEBヤングマシン

KAWASAKI W800 STREET

文字盤デザインはタイプごとに異なる。中央にはETCのアンテナ

7000rpmからレッドゾーンが始まるタコメーターなど、基本的な機能はカフェと共通だが、文字盤はそれぞれの特徴を反映したデザインとされる。中央にあるボタンは液晶パネルの切り替え用で、その上にはETC2.0車載器のアンテナが見える。

グリップヒーターは純正アクセサリーとして用意されているので、追加することは可能だ。

足着き性のいいタックロールシート、リムはシルバーとなる

燃料タンクはカフェと同一形状だが、タンクパッドは省略される。

’06年に発売されたW400を彷彿させるタックロール&パイピングが特徴的なダブルシート。シート高は770mmで、これは前後のサスストロークを短くして足着き性を高めたW400の765mmに迫る数値だ。

フロントリムは19→18インチ化しつつ幅を2.15→2.75インチへ。リヤは18インチのまま幅を2.75→3.00インチへ。ストリートはこのリムをシルバーアルマイト仕上げとしてクラシカルな雰囲気を強調。

エンジンはブラックで統一し、カフェとの差別化を図っている。

[新旧で比べてみると?]新型Wはこんなに進化した

ロングストローク&360度クランク採用のの773cc空冷並列2気筒エンジンは、最高出力を48psから52psへとアップ。フレームはデザインこそほぼ変わらないが、一部のパイプの肉厚を調整して剛性をアップしている。足回りではフロントホイールの19→18インチ化やフォークの大径化、リヤブレーキのディスク化などが主であり、さらに前後のショックユニットはバネレートを上げるなどセッティングが変更されている。国内仕様は従来と同じ大径丸型ウインカーを継続採用。さらにETC2.0車載器も標準装備する。

KAWASAKI W800 FINAL EDITION

W800→新W800ストリートの主な変更点

旧W800の直接的な後継車はW800ストリートになるだろう。そこで、主な変更点を書き出してみたい。

■メーター・文字盤変更■ハンドル:アップ仕様を標準化■ガソリンタンク:14L→15L化■シート高:790mm→770mm■アンダーブラケット:剛性アップ■フロントフォークφ39→41mm化&硬めのセッティング■フロントタイヤ:19→18インチ化■フロントホイールリム:幅2.15→2.50インチ化■リヤホイールリム:幅2.75→3.00インチ化■リヤショック:硬めにリセッティング■エンジン48→52ps■マフラー:規制対応&サウンドチューン

2/3ページ

最終更新:6/5(水) 17:31
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年09月号
7月24日発売

定価880円(税込)

大特集:カテゴリー別 新車走評200車
新製品テスト NinjaH2SXSE+他
好評ヤンマシ写真部 顔面博覧会
別冊付録:ツーリングバッグ大図鑑

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事