ここから本文です

等身大のアラサー編集者役を熱演! 『月極オトコトモダチ』徳永えりの新場面写真公開

6/5(水) 16:42配信

リアルサウンド

 6月8日に公開される『月極オトコトモダチ』より、主演を務めた徳永えりの新場面写真が公開された。

【写真】心から楽しそうな笑顔を見せる徳永えり

 「MOOSIC LAB 2018」で長編部門グランプリを含む4冠に輝き、第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門にも正式出品された本作は、現役OLでもある異色の映画監督・穐山茉由の長編デビュー作。WEBマガジン編集者の望月那沙、那沙があるきっかけで出会った「男女関係にならないスイッチ」を持つと語る“レンタル友達”の柳瀬草太、そして那沙のルームメイトの珠希の関係性を描く。

 ドラマ『恋のツキ』(テレビ東京系)、映画『疑惑とダンス』の徳永が主人公のアラサー編集者・望月那沙役で主演を務めたほか、『At the terrace テラスにて』の橋本淳がレンタルフレンド役、『ジムノペディに乱れる』の芦那すみれがミュージシャン役で出演する。

 今回公開された場面写真は、デビューから15年、30歳になってからその勢いを増す徳永の姿を捉えたもの。

 ローティン向けファッション誌『ピチレモン』でモデルとした活躍した後、16歳で女優デビューを果たした徳永。テレビドラマや映画で着々と実力をつけ、仲代達矢とW主演を務めた『春との旅』(2010年)で毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞と日本映画批評家大賞浸潤女優賞を受賞した。その後、『梅ちゃん先生』『わろてんか』のNHK連続テレビ小説への出演を経て、お茶の間にも広くその名を広め、昨年は連続ドラマ初主演となった『恋のツキ』、『フルーツ宅配便』(テレビ東京系)ほか多数の作品に出演。30歳を迎え一気に露出が増えた、いま注目の実力派女優の1人だ。

 5月1日の“令和元日”には、一般男性との結婚を発表し、公私ともに勢いのある徳永が本作で扮する主人公の望月那沙は、小説家という夢を持ちながら編集者としての職を手放せず、婚約破棄を経験してからはしばらく恋愛もご無沙汰と、うだつの上がらない日々を過ごすアラサー女子。ひょんなことからレンタル友達・柳瀬(橋本淳)と出会い、「男女の友情はレンタルできるのか?」というテーマのもと取材に挑むが、次第に柳瀬に惹かれていってしまう。一方、那沙の同居人でミュージシャンの珠希(芦那すみれ)と柳瀬は、音楽という共通点を通じて繋がってしまう。恋愛と友情、夢と現実の間で悩む那沙の実験は思わぬ方向へと進んでいく。

 共感度の高いキャラクター役に同世代の徳永はまさにハマり役。仕事でのしっかり者で姉貴肌な姿を見せたかと思えば、いざ「レンタル友達と一晩過ごしても何も起きないのか」を検証する際には、家に泊まるための言い訳を何度も練習したり、本番では挙動不審となって しまったりとアラサー女子の等身大の姿を見せる。また、趣味の給水塔巡りに柳瀬と出かけた際には心から楽しそうな笑顔を見せ、珠希と柳瀬が近づく様子を見ては不安に駆られ拗ねてしまったりと、コロコロ変わる感情豊かな表情も見せている。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/5(水) 16:42
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事