ここから本文です

U-22日本、チリに大量6発の圧勝劇!! 川崎加入内定・旗手の3得点などでトゥーロン国際2連勝!

6/5(水) 0:55配信

SOCCER DIGEST Web

三苫の先制弾を皮切りに衝撃のゴールラッシュ!

 フランスで開催されているトゥーロン国際大会に参加しているU-22日本代表は6月4日、U-22チリ代表とのグループリーグ第2戦に臨み、6対1で大勝を飾った。

【U-22日本代表PHOTO】東京五輪世代の有力選手は?

 試合は日本が立ち上がりからゴールラッシュを見せた。開始7分に、岩崎悠人(札幌)からのパスを受けた三苫薫(筑波大)がうまく抜け出してGKとの1対1を冷静に制してゴールネットを揺らす。日本が早くも先制する。さらに日本は12分、三苫からのパスを受けた旗手怜央(順天堂大)が抜け出してネットを揺らし2点目。日本の勢いは衰えず、18分には左サイドを抜け出した相馬勇紀(名古屋)からのクロスを旗手が押し込んで3点目を奪った。日本が先制からわずか11分間で3得点のゴールラッシュを見せて、3対0とリードする。

 その後日本は守備陣の連係ミスから1点を返されるものの、日本はすぐさま岩崎が39分、45+1分と2点を追加。5対1として前半を終了した。

 後半に入っても日本は攻撃の手を緩めず、63分には旗手のミドルシュートが決まり6点目。旗手のハットトリックで日本がさらに点差を広げる。旗手は70分に小松蓮(金沢)との交代でお役御免。来季は三苫とともに、川崎への加入が内定している旗手が大きなインパクトを残してピッチを後にした。

 終盤に入ると、日本は余裕を持ったパス回しと素早いチェックでチリを翻弄。追加点こそならなかったものの、6対1の大差でチリを破り大会2連勝を飾った。決勝トーナメント進出に大きく近づく勝利を掴んでいる。日本は7日(日本時間8日)にグループリーグ最終戦でポルトガルと対戦する。

最終更新:6/5(水) 5:37
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事