ここから本文です

「王者が絶望した離れ業」 メッシの衝撃FKがCL最優秀ゴールに選出「何度見ても鳥肌」

6/5(水) 17:10配信

Football ZONE web

準決勝第1戦でリバプールを沈めたメッシの直接FK弾が受賞 「文句なしのNo.1」

 今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)は、リバプールの14シーズンぶり6回目の優勝で幕を閉じた。大会を通して数多くのスーパーゴールが生まれたなか、CL公式インスタグラムは「ゴール・オブ・ザ・トーナメント」に、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがリバプールとの準決勝第1戦(3-0)で決めた超絶FK弾を選出し、「何度見ても鳥肌」「王者が絶望した離れ業」とファンも絶賛している。

【動画】「王者が絶望した離れ業」 バルセロナFWメッシ、CL最優秀ゴールを受賞した“何度見ても鳥肌”の衝撃FK弾

 今季の大会最優秀ゴールを決める「ゴール・オブ・ザ・トーナメント」の候補に選ばれたのは4つ。1つ目は、今季限りでバイエルン・ミュンヘンを退団した元オランダ代表MFアリエン・ロッベンが、グループステージ第5節ベンフィカ戦(5-1)で3人を抜き去ったカットイン弾。2つ目にはバルセロナのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチが、グループステージ第2節トットナム戦(4-2)で決めたペナルティーエリア外からのダイレクトボレー弾がノミネートされた。

 そして、3つ目にはユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、グループステージ第4節マンチェスター・ユナイテッド戦(1-2)で決めた、後方からのロングフィードに合わせたダイレクトボレー弾。そして最後に、メッシが準決勝第1戦のリバプール戦で決めた直接FK弾が選出され、最終的にこのメッシの一撃が「ゴール・オブ・ザ・トーナメント」を受賞することになった。

 CL公式インスタグラムが「ブラボー、レオ! メッシの衝撃的なFKが受賞」との文章を添えて投稿すると、コメント欄では「文句なしのNo.1」「人間技ではない」「メッシがバロンドールを獲得すべき」「何度見ても鳥肌」「王者が絶望した離れ業」「誰も止められない」とファンも受賞に納得の様子だった。欧州制覇は成し遂げられなかったものの、メッシが最大のインパクトを残したのは確かだろう。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/5(水) 17:23
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事