ここから本文です

DDホールディングス(3073)、株主優待の利用店舗が拡充され、利回り=4%超の優待の使い勝手がアップ!子会社化したエスエルディーの50店舗で利用可能に!

6/5(水) 0:10配信

ダイヤモンド・ザイ

 【※2019年6月の株主優待の情報はこちら! 】
⇒【6月の株主優待の内容と利回りを調査(2019年版)】定番&高利回りのすかいらーくHDやマクドナルド、JT、イデアインターナショナルなど注目銘柄勢揃い! 

【詳細画像または表】

 「わらやき屋」「BAGUS(バグース)」「九州熱中屋」など、多様な飲食店を展開している株式会社DDホールディングス(旧ダイヤモンドダイニング)が、株主優待を一部変更することを2019年5月17日に発表した。

 DDホールディングスの株主優待は、毎年2月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上の株主に、保有株数に応じて『DD POINT』か『株主優待券』か『お米』を贈呈」というもの。

 今後もこの内容に変わりはないが、変更後は「株主優待券」を利用可能な店舗が拡充される。

 まず、「DD POINT」とは、ダイヤモンドダイニングのグループ店舗などの利用で貯まる独自のポイント制度。1ポイント=1円として、1ポイント単位(店舗によっては10ポイント単位)で全443店舗で利用できるほか、ポイント数に応じて家電製品や食事券などと交換できる。

 「株主優待券」は、ダイヤモンドダイニングのグループ店舗などにおいて、飲食代金及び施設利用代金として、1000円単位で利用できる。今回、2019年3月に連結子会社化した「株式会社エスエルディー」が運営する飲食店50店舗でも利用できるようになった。

 「株主優待券」が利用できるのは、以下のグループ会社の店舗となっている。

 ・株式会社ダイヤモンドダイニング(120店舗)
・株式会社サンプール(2店舗)
・株式会社ゴールデンマジック(95店舗)
・株式会社バグース(52店舗)
・株式会社The Sailing(4店舗)
・株式会社ゼットン(62店舗)
・株式会社商業藝術(86店舗)
・株式会社エスエルディー(50店舗)※新規追加

 この変更は、2019年2月末時点の株主名簿に記載または記録された株主に贈呈される「株主優待券」より適用される。

DDホールディングスの株主優待制度の詳細
  ◆DDホールディングスの株主優待制度の詳細

  基準日
  保有株式数
  株主優待内容
  2月末
  100株以上
  ※以下から1種類選択
(1)DDポイント:6000円相当
(2)株主優待券:6000円分
  300株以上
  ※以下から1種類選択
(1)DDポイント:1万2000円相当
(2)株主優待券:1万2000円分
(3)お米:5kg 
  600株以上
  ※以下から1種類選択
(1)DDポイント:2万4000円相当
(2)株主優待券:2万4000円分
(3)お米:10kg 
  3000株以上
  ※以下から1種類選択
(1)DDポイント:3万6000円相当
(2)株主優待券:3万6000円分
(3)お米:15kg
  6000株以上
  ※以下から1種類選択
(1)DDポイント:4万8000円相当
(2)株主優待券:4万8000円分
(3)お米:20kg

DDホールディングスの株主優待利回りは? 
 DDホールディングスの2019年6月4日の株価(終値)は1923円なので、変更後の株主優待利回りを計算すると、以下のようになる(※株主優待品は、ポイントか株主優待券を選択したものとする)。

 (100株保有の場合)
投資金額:100株×1923円=19万2300円
優待品:6000円分
優待利回り=6000円÷19万2300円×100=3.12%

 (300株保有の場合)
投資金額:300株×1923円=57万6900円
優待品:1万2000円分
優待利回り=1万2000円÷57万6900円×100=2.08%

 DDホールディングスの株主優待は、自社グループの飲食店などで利用できるポイントや株主優待券。株主優待利回りは100株保有時で3.12%と高い。同社は配当利回りが0.94%なので、100株保有時の配当+株主優待利回り=4.06%と、4%を超える高利回りになっている。DDホールディングス系列の飲食店をよく利用する人は、保有を検討する価値が高そうだ。
【※関連記事はこちら! 】
⇒株主優待名人・桐谷さんがサラリーマンにおすすめの投資法を伝授!  二度の大損を経験して悟った鉄則は「配当+優待利回り4%以上」の優待株を狙うこと! 

 なお、DDホールディングスは飲食事業やアミューズメント事業を手掛ける企業。旧商号はダイヤモンドダイニング。2017年にゼットン(3057)、商業藝術を連結化して持株会社体制に移行し、DDホールディングスに商号変更した。2019年2月期の連結業績は、すべて前期比で売上高13.1%増、営業利益4.0%減、経常利益0.4%増、当期純利益7.4%増。2020年2月期の連結業績予想は、すべて前期比で売上高13.3%増、営業利益10.6%増、経常利益5.3%増、当期純利益7.8%増。エスエルディーの連結化による影響が大きい。

 【※2019年6月の株主優待の情報はこちら! 】
⇒【6月の株主優待の内容と利回りを調査(2019年版)】定番&高利回りのすかいらーくHDやマクドナルド、JT、イデアインターナショナルなど注目銘柄勢揃い! 

 ■DDホールディングス

 業種
 コード
 市場
 権利確定月
 小売業
 3073
 東証1部
 2月末
 株価(終値)
 必要株数
 最低投資金額
 配当利回り
 1923円
 100株
 19万2300円
 0.94%
 【DDホールディングスの最新の株価・株主優待の詳細はこちら! 】

 ※株価などのデータは2019年6月4日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。

ザイ・オンライン編集部

最終更新:6/5(水) 0:10
ダイヤモンド・ザイ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダイヤモンド・ザイ

株式会社ダイヤモンド社

9月号:7月20日

定価730円(税込)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事