ここから本文です

ベッカム氏のインテル・マイアミ、スアレスに4年契約のオファーか?来季MLS参入へ

6/5(水) 15:25配信

フットボールチャンネル

 元イングランド代表でマンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーなどで活躍したデビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミがバルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスにオファーを出したようだ。英メディア『ミラー』などが現地時間の5日に報じた。

【写真】ルイス・スアレスのランクインはあるか? プレイヤー能力値ランキング

 2020年からアメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)に参戦するインテル・マイアミがスアレスに4年契約を提示。金額は明かされていないものの、同メディアは”ビッグマネーを提示”と報道している。バルセロナ側は2021年まで契約を残しているスアレスを安価で売る気はないようだ。そして、スアレスはこのオファーを拒否。バルセロナから移籍する意思はないようだ。

 さらに、スアレスだけでなくMFセルヒオ・ブスケッツにも他のMLSのクラブが興味を示しているという。また、マイアミはローマを退団したMFダニエル・デ・ロッシの獲得にも興味を示していると伝えられており、来季のMLS参入へ向けて積極的な動きを見せている。今後のマイアミやMLSクラブの動きに目が離せない。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:6/5(水) 15:25
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事