ここから本文です

野村克也が語る「大阪球場」

6/6(木) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

張本が安打に徹した理由は大阪球場にあり?

大阪ミナミのナンバ駅近く、繁華街のど真ん中にあった大阪球場/写真=BBM

 先週号は、球場特集。『追憶のロストボールパーク』には、南海ホークスの本拠地だった大阪球場(正式名称=大阪スタヂアム)も登場した。懐かしく読ませてもらった。

 記事にもあったとおり、とにかく狭い球場だった。大阪のど真ん中、南海難波駅前のいびつな楕円形の土地に無理やり(?)建てたものだから、1971年までは両翼84メートルしかなかったという。ちなみに、今はほとんどの球場の両翼が100メートルだから、いかに狭いか分かるだろう。

 おかげで、張本(張本勲=元東映ほか)には「あの狭い大阪球場をホームグラウンドにしているノムさんに、ホームランで敵うわけがない。俺はホームランをあきらめて、ヒットを打つことに専念するよ」と、散々冷やかされてしまった。

 しかし狭い分、大振りしなくても打球はスタンドに入ってくれる。場外に飛ぼうがフェンスぎりぎりだろうが、ホームランはホームランなのだ。だからスタンスを狭くし、バットを短く持つこともあった。私にとっては、それが打率も残す結果になったと思う。

 まあ、そうは言っても一応、大阪球場だって一度は両翼を広げているのだ。私の中にはフェンスを高くした記憶があったのだが、記録によると72年、南海難波駅改修に伴う工事で、両翼91.5メートルまで広げたという。「外野が広くなった」と聞いたときは、ショックだった。この工事のおかげで、私も確実に何本かはホームランを損しているはずだ。

 一方、キャッチャーとしては、自軍投手が・・・ 本文:1,959文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:6/6(木) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る

Yahoo!ニュースからのお知らせ