ここから本文です

Anker、次世代半導体の充電器など夏発売モデル一挙披露

6/6(木) 19:55配信

PHILE WEB

アンカー・ジャパンは、プレス向けイベント「Anker Power Conference -'19 Summer」を本日6日に都内で開催。新技術「PowerIQ 3.0」をはじめ、この夏発売予定の多くの新製品が発表された。

【画像】発表された新製品の実機写真

■独自の高速充電技術「PowerIQ 3.0」と次世代半導体「GaN」

「世界に先駆けてリリースした、2年以上の歳月をかけて実現したイノベーション」と強くアピールする技術が「GaN(窒化ガリウム)」だ。この素材は、従来使用されていた半導体「Si(シリコン)」と比較すると効率が高く、発熱も低い。そのため、より充電器を小型化できる。同社では昨年に、このGaNを使用した30W出力の充電器「Anker PowerPort Atom PD 1」を発売している。

また同じ大きさであっても、高い出力に対応することができるため、近年対応製品が増えているUSB端子の新規格「USB-C」、100Wまでの出力でノートPCも充電可能な「USB Power Delivery(PD)」といった次世代の高速・大容量充電技術に、GaNは親和性が高いという。

さらに独自の高速充電技術「PowerIQ」を進化させた最新バージョン「PowerIQ 3.0」を発表。PowerIQは2014年に登場した技術で、2017年には2.0に進化。同社のモバイルバッテリーや、USB充電器などに搭載されている。従来版との大きな違いは大きく3つある。まず、USB-Cに対応したこと。従来のPowerIQでは、USB-Aのみの対応だった。

次にPDとの互換性をもつことで、最大100Wの出力に対応した。なお初代PowerIQは最大12W、2.0では18Wだった。そして3つめは、先述したGaN製品にも搭載可能ということ。小型化・高出力が可能なGaNと組み合わせることで、これからの時代に対応していくという。また発表を行った同社 執行役員 事業戦略本部統括 猿渡 歩氏は、「時代に沿ってPowerIQも進化していきたい」と述べ、「GaNとPowerIQのハイブリッドこそが、充電の未来を変える」と強く強調した。

■Ankerの発売予定新製品

発表会の後にはタッチ&トライの場が設けられ、発表会で語られた製品だけに限らず、これから発売予定の製品が一同に並んだ。まずAnkerから、先述した新技術「GaN」「PowerIQ 3.0」を両搭載した「PowerPort Atom III」シリーズを紹介したい。なお、今回発表されていたAnkerの新製品は、いずれも今夏の発売予定となっている。

「PowerPort Atom III 60W」は、1ポートの60W出力をもつ充電器。価格は3999円(税込)。60Wながらも、ノートPCに付属している30W出力のUSB急速充電器と同じサイズを実現したという。質量は約132gで、外形寸法は約61×58×28.5mm。プラグは折りたたみ可能。

「PowerPort Atom III(Two Ports)」は、2ポートで合計60W出力のモデル。価格は4299円(税込)。先述の1ポートモデルよりはやや大きくなってしまうものの、USB-Cに加えて、USB-A端子も搭載している。質量は約150g、外形寸法は約68×69×28mm。プラグは折りたたみ可能。

「PowerPort Atom III Slim」は、30W出力の1ポートモデルだが、厚さ16mmのスリムな筐体を採用した。価格は3999円(税込)。プラグは折りたたみ可能となっているため、「胸ポケットにすっぽり収まる」とアピールされている。質量は約58g、外形寸法は約75×46×16mmとなっている。

そのほかPowerIQ 3.0には対応しないものの、GaNを採用したモデル「PowerPort Atom PD2」もラインナップ。こちらはUSB PD対応のUSB-Cポートを2つ搭載しており、2ポート合計で60Wの出力に対応している。価格は4599円(税込)を予定しており、外形寸法は約68×69×28mm、質量は約125g。

また、GaNを採用していない従来のシリーズからも新製品「PowerPort III Mini」を展示。こちらはPowerIQ 3.0を搭載する。コンパクトなサイズでプラグも折りたたみできることから、出張や旅行時に役立つとしている。価格は3099円(税込)。外形寸法は約51×43.6×28.6mmで、質量は約60g。

ワイヤレス充電器からは、最大10W出力のワイヤレスパッドとAppleWatchの磁気充電ホルダーを両搭載した「PowerWave+ Pad with Watch Holder」(4099円・税込)、それぞれ最大10Wのワイヤレスパッドを2基搭載した「PowerWave 10 Dual Pad」(4599円・税込)、2つのUSB-A(最大12W)を備えた最大10Wのスタンド型ワイヤレス充電器「PowerWave 10 Stand with 2 USB-A Ports」(価格未定)が展示。

そのほかモバイルバッテリーからは、10000mAhでUSB-A出力(5V/2.4A)を搭載した「PowerCore Slim 10000」(2999円・税込)、既存モデル「PowerCore 10000 PD」と同様にUSB-AとUSB-Cの2出力を搭載しながら約42%のスリム化を実現した「PowerCore Slim 10000 PD」(4599円・税込)など、スリムタイプが発表された。

1/2ページ

最終更新:6/6(木) 19:55
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい