ここから本文です

又吉直樹さんが植物の生態から学んだ「意外な生存戦略」

6/7(金) 20:50配信

ESSE-online

日々のなかにある何気ない“フシギ”を、ピースの又吉直樹さんが専門家に教わる『又吉直樹のヘウレーカ!』(NHK Eテレ 毎週水曜22時~)。この人気テレビ番組が、『又吉直樹のヘウレーカ!』(扶桑社刊)として書籍化されました。

そこで又吉さんにインタビューを敢行。書籍化への思いと、今、ご自身の生活の回りで気になっていることを教えてもらいました。

インドカレーづくりにハマっている又吉さん。「失敗しても発見があります」

――2018年から放送が始まり、現在も放送中のこの番組。タイトルにもなっている「ヘウレーカ!」は「わかった!」という意味。古代ギリシャの科学者、アルキメデスが「アルキメデスの定理」を発見した際、嬉しさのあまりにこの言葉を連発し、街中を裸で走り回った故事にちなんでいます。番組初期の約半年分の回を収録した本著は、又吉さんにとっても嬉しい一冊となりました。

「テーマは生き物、天体、人体など、身近なものばかりですが、普段の会話のなかではつきつめないレベルまで話が及んでいるのが、この番組の魅力。テレビ放送を追えない環境の方にも、活字で改めて触れていただける機会ができてありがたいです」

――収録に際しては、あえてリサーチや勉強をしていかないのがキモと考えているそう。

「だから先生のお話を伺って、ホンマにわけわからなくなるとき多いんですよ(笑)。『ヘウレーカ(わかった)!』にならない。でもそこが、いいなあって。子どもの頃って、知らないことがあったら、がむしゃらに辞書引いたじゃないですか。でも大人になると『俺の前で、俺のわからん言葉使うな』みたいになっていく。そういう大人ならではの傲慢さを捨て去れたらと思って現場に臨んでいます。アルキメデスだって何度もわからなさ、難しさに突進し続けた結果、裸で街を走り回るほどのヘウレーカ!にたどり着けたわけですから」

●絶対こうと、こだわる必要はないと、植物から学んだ

――書籍に収録された回でとくに印象に残っているのは、都会のスキマに生える植物やアリの生態など、“生き物系”の話題。

「これ僕の悪いクセで。文学とか芸術、経済なんかも、すぐに自分本位で捉えるんですよ。でも生き物は、そういう『俺やったら』という思考が一切通用しない世界でした。アリの生き方と自分との共感ポイントを探ろうと思うほど、心が迷子になってしまうというか(笑)。だから気持ちをまっさらにして彼らの世界をのぞき見させてもらい、常識を覆された気がします。そして日常生活に戻ったら、僕の中での可能性もまた広がったような気がしましたね。『この方法、人間でも使えるんじゃないかな? いや無理かな?』なんて」

――たとえば植物の生態から、暮らしへの応用方法を学べる、と言います。

「植物って、“スキマ”を探して適応するのがすごく上手なんです。人間も植物の生存方法を見習えば、いろんなライフデザインが可能になるかもしれません。たとえば日当たりのいい部屋って、みんな好きじゃないですか。そのうえで、キッチン広めで、マンションだったら2階以上で…と、周りと同じ好みを追求すると、どんどん競争が激しくなりますよね。でもじつは、本当に日当たりが必要か見直してみると、家にかけるお金もおトクになるかもしれませんし。絶対こう、絶対こうと、こだわる必要はないんやって、僕も植物から学びました」

1/2ページ

最終更新:6/7(金) 20:50
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年7月2日発売号

¥558

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(8月号は特別定価558円)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事