ここから本文です

56レーシング(中野真矢 監督)女子高生ライダー・梶山采千夏が筑波選手権で優勝!

6/7(金) 14:30配信

WEBヤングマシン

筑波ロードレース選手権第2戦・CBR250RRドリームカップ

2019年6月1日に開催された筑波ロードレース選手権第2戦 CBR250RRドリームカップクラスに56レーシングから所属ライダー梶山采千夏(かじやま さちか)選手と田中風如(たなか ふうご)選手の2名が参戦し、決勝では見事ワンスリーを達成した。

【写真をまとめて見る】

優勝はゼッケン#56の梶山采千夏、同チームの#62 田中風如が3位に入る

開幕戦前に負った怪我からも回復し、前日練習から好調を維持していた梶山選手は予選でも単独走行ながら好ペースを刻み、順位は3番手ながら決勝に期待がもてる内容。一方の田中選手は前日からペースが上がらずタイム的にも少し離されて4番手となっていた。

12周で争われる決勝レースでは梶山選手が好スタートを切ってトップに立ち、予選1位の選手がジャンプスタートをしてしまったため開幕戦と同じメンバーでのトップ争いとなった。梶山選手は自己ベストを更新しながら後続を徐々に引き離し、後半になってもペースアップする強い走りで2位に5秒245の差をつけて見事な優勝。レース中のベストラップではただ一人1分6秒台に入る(1分6秒901@9周目)走りを見せた。いっぽう、田中選手は一時トップを走行するもペースを上げられず、徐々に離されて単独3位(トップとの差は11秒004)で悔しいフィニッシュとなった。

#56 梶山采千夏選手のコメント

「前日からの好調を維持して予選決勝に挑むことができ、決勝では最初から最後まで全力で走り切ることができました。今回のように良いリズムで高いモチベーションを維持しレースに挑めるよう努力していきます」

#62 田中風如選手のコメント

「練習よりはタイムが出たもののトップと離された予選、決勝もポイントを取るために確実な走りを心がけましたが2位からも離されてしまいメンタルの弱さを実感しました。次戦では良い結果を出せるよう考えて練習に取り組みます」

中野真矢監督のコメント

「梶山選手はこの大会に向けて集中して練習に臨んでいたので、その成果がレースに表れたと思います。決勝中に自身のベストタイムが出せたのは自信につながるでしょう。田中選手は、今年からロードレースにステップアップしてまだ2戦目ということもあり、その経験不足が露呈してしまったところがあります。我々は育成チームとして、その部分もサポートして行きたいと思います」

1/3ページ

最終更新:6/7(金) 14:30
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年08月号
6月24日発売

定価880円(税込)

スクープ:KAWASAKI Ninja ZX-25R
特集:4気筒250cc再び
別冊付録その1:キャンツー超入門
別冊付録その2:WORKMAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ