ここから本文です

【20代でもお金が貯まる3つのポイント】お給料が安くても貯金はできる!

6/7(金) 19:40配信

with online

お金の貯め方、こんな勘違いしていませんか?

社会人なんだから貯金くらいしなくちゃとは思うけどそんな余裕なんてな~い!  とあきらめていませんか? お給料が少なくても、お買い物大好きでも大丈夫! やり方さえわかれば、誰でも着実に貯められるんです。ありがちな誤解を紐解きながら、お金を貯めるために抑えておきたい3つのポイントを、ファイナンシャル・プランナーの深田晶恵さんに教えていただきました。

【マネー美人計画】記事一覧はこちら

アドバイス/深田晶恵さん(ファイナンシャル・プランナー)
(株)生活設計塾クルー取締役。外資系電機メーカー勤務を経てFPに転身。個人向けのコンサルティングのほか、各メディアで活躍中。自他ともに認めるお酒好き。

【誤解 その1】30歳になってから貯めればいい

「20代こそ黄金の貯め期です!」
まとまったお金が必要になることの少ない20代。貯蓄の大切さをイマイチ感じにくいかもしれないけれど、大きな出費がない年代だからこそ貯めやすいのです。

【誤解 その2】お金を貯めたいけど気づいたらなくなってる

「自動的に貯まる仕組みを作りましょう」
貯金しようとしているのにできていないのは、貯め方が間違っているからかも? どんなに意志が強い人でも、先取り貯蓄じゃないと貯められません!

【誤解 その3】お給料が安いから貯金はムリ

「20代から始めれば1000万も夢じゃない!」
お給料が上がったら貯金! なんて思ってたら、いつまでも貯蓄なし子のまま。月々の額は少なくても、時間が味方してくれるのが20代の特権です。

「貯金は誰でもできます! 早く始めるいいことがあります」と深田さん。20代でも30代でも気づいた時からが貯めどきです!

最終更新:6/7(金) 19:40
with online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

withonline

株式会社講談社

2018年12月号
10月26日発売!

定価680円

メインターゲットの20代オシゴト女子の
幸せなライフスタイルを「with」が
全面サポートします!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事