ここから本文です

AVIOT、世界初ハイブリッド・ドライバー搭載の完全ワイヤレスイヤホン「TE-BD21f」

6/7(金) 19:50配信

PHILE WEB

バリュートレードは、同社のオーディオブランド AVIOTの新製品として、ハイブリッド・トリプルドライバーを搭載したBluetoothイヤホン「WE-BD21d」と完全ワイヤレスイヤホン「TE-BD21f」、そしてピエール中野氏とのコラボモデル「TE-BD21f-pnk」を発売する。

ピエール中野(凛として時雨)完全監修モデルも発表

・「WE-BD21d」¥1万3000(税抜) 6月8日発売
・「TE-BD21f」¥1万7500(税抜) 7月下旬発売予定
・「TE-BD21f-pnk」¥OPEN 7月下旬発売予定

WE-BD21dおよびTE-BD21fはハイブリッド・トリプルドライバーを搭載したモデル。再生周波数帯域が広く、低音域での歪が少ないダイナミックドライバー1基と、感度が高くハイスピードで、中高音域の再生が得意なバランスドアーマチュアドライバー2基を組み合わせている。

Bluetoothイヤホンにハイブリッドドライバーを搭載するのは小型化、および消費電力の観点から難しいとされているが、AVIOTでは省電力技術と小型化のノウハウによりこれをクリア、「同価格帯のモデルを凌駕する音質を実現」したとアピールする。

WE-BD21dは再生時間13時間を実現。イヤホン本体には非磁性体であり、外来ノイズに強い高剛性ジュラルミン製ケースを採用している。また筐体の共振を抑えるとともにデザイン性を高めるローレット加工を施した。ケーブルにはケブラー繊維を採用。防水規格IPX5に準拠する。

Bluetoothは5.0、コーデックはSBC/AAC/aptX/aptX HDに対応。再生周波数帯域は16Hz~32kHz。イヤーピースにはSpinFit製「CP100Z」を付属する。質量は13g。カラーはブラックとシルバーの2色をラインナップ。

TE-BD21fは「超低音域から高温域に至るまで美しく鳴らし切る音響設計とチューニング」を行なったとしており、aptX対応の完全ワイヤレスイヤホンとして世界初(同社調べ)のハイブリッド・ドライバー搭載モデルとアピールされる。

クアルコム「QCC3020」の採用と低消費電力設計により、イヤホン本体で最大7時間の連続再生時間を実現している。また高周波回路の設計技術と実装ノウハウを活用し、イヤホン本体の内蔵アンテナを新規設計。電車の中など電波環境の厳しい場所でも音切れを最小限に抑えることに成功したとする。イヤホンのローレット加工部分には無垢ジュラルミンから削り出した厳選パーツを使用している。

充電ケースは質量約51gの軽量・コンパクト設計ながら、約500mAhのバッテリー容量により、約3回イヤホンをフル充電できる。合計で最大28時間再生に対応することになる。なお、充電端子にはUSB-Cを採用する。

再生周波数帯域は20Hz~20kHz、Bluetoothは5.0、コーデックはSBC/AAC/aptXに対応する。イヤーピースにはSpinFitと共同開発した「CP355」を同梱。高い装着感とともに、低音域の量感と中高音域のリニアリティを改善するという。カラーはブラック、シルバー、バイオレットの3色展開。

「TE-BD21f-pnk」は凛として時雨でドラムスを担当するピエール中野氏が監修したモデル。AVIOTの新フラグシップモデルとなるTE-BD21fをベースに、音質やデザインなどをピエール中野氏が全面監修したスペシャルエディションとなっている。

ピエール中野氏による独自サウンドチューニング、そしてオリジナルロゴを採用したデザインとカラーリングが施されていることが大きな特徴。

パッケージもオリジナルデザインであるほか、ピエール中野氏のファンからの「完全ワイヤレスイヤホンが欲しいけれど、なくしてしまうかもしれない」という声に応えるかたちで、左右イヤホンをつなぐシリコンストラップを同梱する。なお、本ストラップは通常モデルのTE-BD21fにも付属予定だ。

そして、AVIOTブランドの特徴でもある日本語音声ガイドだが、今回はスペシャルゲストとして、凛として時雨が主題歌を担当したアニメ『PSYCHO-PASS』に登場する常守朱(cv.花澤香菜)が、ボイスアナウンスに採用されている。

編集部:押野 由宇

最終更新:6/7(金) 19:50
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ