ここから本文です

『メイド・イン・トーキョー 墨田区モノづくり中小企業の未来』ほか 『デジタル経済と税 AI時代の富をめぐる攻防』

6/7(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

(写真:週刊東洋経済)

<2019年6月15日号> もりのぶ・しげき●1950年生まれ。73年京都大学法学部卒業、大蔵省入省。税制第2課長、主税局総務課長財務総合政策研究所長を経て、中央大学法科大学院教授。現在同大学院特任教授など。『日本の税制 何が問題か』『消費税、常識のウソ』『税で日本はよみがえる』など著書多数。

■企業、個人の稼ぎ方変化、新たな富の配分方法探る

評者 BNPパリバ証券経済調査本部長 河野龍太郎

買い物、夕食の注文など生活の多くをスマホアプリで完結する人も多い。デジタル経済で利便性は著しく向上した。その負の側面として、経済格差の拡大とともに指摘されるのが、租税の捕捉漏れだ。アマゾンなど米国の巨大IT企業は、日本を含め米国外で税金をあまり払っていなかった。 本文:3,955文字 写真:6枚 ...

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:6/7(金) 18:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る