ここから本文です

井上尚弥、決勝の米国開催をDAZN幹部が希望 LAが候補「我々は重要な株主だ」

6/7(金) 7:13配信

THE ANSWER

DAZN北米地区役員はSライト級とのWヘッダー希望「我々の理に適うものだ」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で決勝進出を決めたWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)。5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)との激突の舞台に注目が集まる中、米国で準決勝を生中継したスポーツチャンネル「DAZN」の幹部が米国開催を熱望。「重要な株主として意見する」と語り、「モンスター対フィリピンの閃光」というメガバトル誘致に本腰を入れる姿勢を示している。地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」が報じている。

【画像】井上に意外すぎる才能!? 「普通にうまくてびびる」と話題…尚弥画伯が描いた“ドラえもんイラスト”の実物

 日本でも「スポーツ界の黒船」と称されたDAZNが井上のキャリア2度目の米国上陸に向け、ついに動き出した。記事によると、DAZN北米地区のジョー・マルコウスキーエグゼクティブ・バイス・プレジデントはニューヨークで会見を行い、WBSSのスーパーライト級とバンタム級の両決勝をダブルヘッダーで米国で開催させたい意向を明らかにしたという。

 マルコウスキー氏は「2つの決勝を合同で行うことは我々にとって理に適うものだ。より大きなイベントになる、マーケティング的にも威力を高めるだろう。当然ながら、米国で開催したいという願望がある。事態の推移を見守りたい」と語ったという。

 記事では「もし、WBSSの設立者がストリーミングサービス・DAZNというテレビ放送のパートナーの希望を受け入れるとするなら、ロサンゼルスは新たな重大なファイティングカードを開催する舞台に位置づけられる」と報じており、マルコウスキー氏は「我々は重要な株主だ。彼ら(WBSS側)に意見をする」とも語ったという。

ドネア陣営はカリフォルニア「ザ・フォーラム」開催を希望していたが…

 米スポーツ専門局「ESPN」によると、ドネアのプロモーターを務めるリングスター社のリチャード・シェーファー氏はカリフォルニア州イングルウッドの「ザ・フォーラム」での今秋開催を希望していたことが伝えられていた。

「ザ・フォーラム」はかつてNBAレイカーズとNHLキングスの本拠地で、最近ではボクシングの世界戦の舞台としてお馴染みとなり、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)ら猛者も登場。昨年9月には引退を撤回した井岡一翔(Reason大貴)がリングに上がり、復帰戦で勝利を手にした。メキシコ人ボクサーの聖地としても有名だ。

 海外メディアでは大阪・京セラドームも有力候補の一つに挙がっていたが、WBSS株主の意向もあり、LA決戦となるのだろうか。「井上VSドネア」のファイナルの舞台を巡る動きは、今後も見逃せないものとなりそうだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:41
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事