ここから本文です

亀田和毅は「困難な相手」 無敗の王者は敬意示すも…「我々が勝ってリングを去る」

6/7(金) 19:03配信

THE ANSWER

王座統一戦が2万3000人収容のスタジアムでの開催が決定

 ボクシングのWBCスーパーバンタム級暫定王者・亀田和毅(協栄)と正規王者レイ・バルガス(メキシコ)の王座統一戦が7月13日(日本時間14日)、米カリフォルニア州のLAギャラクシーの本拠地ディグニティ・ヘルス・スポーツ・パークで行われることが正式決定した。32戦全勝の正規王者は「カメダは難しい相手」と警戒する一方、「彼には数年前に私に負けた棘が刺さっている」とアマ時代に勝利した経緯を持ち出し、自信を覗かせている。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【画像】この体ならKO宣言も納得!? 「自信しかない!絶対倒す」と豪語…和毅がインスタグラムで披露した“完璧シックスパックボディ”の実際の写真

 米国ではスポーツ専門チャンネル「DAZN」が中継することが決まったカード。2万3000人収容のスタジアムで行われる一戦に、バルガスは静かに燃えていた。

「これは厳しく、複雑な試合になるだろう。カメダは困難な相手だ。世界王者だった。数年前のアマチュア時代に私は彼を倒している。だから、彼には抜き去りたい棘があるんだ」

 バルガスはこう語っている。2007年、メキシコ開催のアマチュア大会「グアンテス・デ・オロ」バンタム級決勝戦で亀田相手にポイント勝ちしている経緯があった。

和毅も意気込み「彼にリベンジして、2階級制覇王者に」

 和毅はぬぐい去りたい傷を抱えながら、タイトルマッチに臨むとバルガスは分析している。

「興味深い試合だ。彼は素早いファイヤーでそこを生かそうとしてくる。でも、神のご加護に加えて、日本人ファイターの戦術を打ち消す練習を進めている。上手くいけば、我々は勝利者としてリングを去るだろう」

 一方の和毅も「すごい試合になるだろう。レイ・バルガスについてはよくわかっている。メキシコでのアマチュア時代に対戦したことがある。彼にリベンジしたい。そして、2階級制覇王者になりたい」と語ったという。

 文句なしの強豪王者に立ち向かう和毅。バルガスに借りを返し、王座を統一し見事に凱旋することはできるだろうか。“亀田家の最終兵器”が勝負の舞台へ臨む。

THE ANSWER編集部

最終更新:6/7(金) 21:02
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ