ここから本文です

女子がドン引きする「20代男子のSNS行動」ワースト10。自撮り、意識高いアピール…

6/7(金) 15:46配信

bizSPA!フレッシュ

 LINE、インスタ、Twitter、Facebookと、SNSアプリが多様化した昨今。誰とでも簡単に繋がれるようになったからこそ、その使い方には注意が必要になってきています。女性は20代男性のSNSでの行動に、密かにドン引きしているとか……。

 今回は100名の20代女性に、SNSでのドン引き行為に投票してもらいました(15項目から選択。複数回答可)。

SNSの使い方で、スマホ依存症レベルが分かっちゃう?

 まず、ワースト10位から7位にはこんな内容がランクイン。良かれと思ってしていることも、実は引かれているんです……。

=================
10位 自己啓発セミナーや勉強会に参加した報告など“意識が高いアピール”(25票)
9位 Instagramのハッシュタグがやたらと多い(26票)
8位 実際に会ったことがないのに友達申請をしてくる(27票)
7位 勤務時間や体調不良で欠勤しているときにSNSを更新する(29票)
=================

 10位のスキルアップのため、休日に勉強会に参加するのは見事ですが、あまり頻繁にアップしていると、「自分のためじゃなく、他人に褒められるために参加しているのかな?」(28歳・群馬県・会社員)と思われてしまうかも。

 ハッシュタグに関しては、「やたらにタグ付けしまくるのはかまってちゃんすぎて痛い」(25歳・福岡県・パート)という声が。

 また、まったく面識のない男性からの申請は「出会い目的のようで、気持ち悪い」(23歳・大分県・既婚)とのこと。特に、実名での登録が必要なFacebookでは、その破壊力も大きいようです。

 7位は、社会人として常識に欠ける行為ですから、「労働を提供することでお給料をもらっているのに、その間にSNS更新をするというのはありえない」(27歳・埼玉県・パート)というコメントも。

「常に携帯を気にしてそう」な更新の仕方は、控えたほうが得策のようです。

1/3ページ

最終更新:6/7(金) 15:46
bizSPA!フレッシュ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事