ここから本文です

資産5200億の“大富豪”がフィオレンティーナ買収 伊出身の米企業CEO、セリエAに参戦

6/7(金) 23:01配信

Football ZONE web

米メディアコム社CEO、長者番付424位のコミッソ氏がオーナー就任

 セリエAのフィオレンティーナは6日、アメリカの放送ネットワーク企業「メディアコム」の創業者でCEO(最高経営責任者)を務めるロッコ・コミッソ氏が新オーナーとなったことを発表した。

 コミッソ氏は1949年にイタリアのカラブリア州で生まれ、12歳の時にアメリカへ移住。週に40時間ほど働きながら高校に通い、奨学金を得てコロンビア大学に入学した。コロンビア大学で経営学の修士号を取得したコミッソ氏は、1985年にケーブルテレビ事業を中心とする企業「メディアコム」を設立した。69歳となった現在でもCEOを務め、米経済誌「フォーブス」が公表する世界長者番付では424位となっている。その資産は48億ドル(約5200億円)と伝えられている。

 コミッソ氏はサッカー経験があり、大学時代はコロンビア・ライオンズの一員としてNCAAでプレーオフに出場。大学卒業後もセミプロとしてプレーを続ける傍らで、指導者としても活動していた経歴を持っている。そして2017年に米4部相当NPSLのニューヨーク・コスモスを買収。現在もオーナーを務めている。

 新たにフィオレンティーナの新オーナーとなったコミッソ氏は、クラブの公式サイトを通じて「私は常にイタリアのサッカーのファンです。フィオレンティーナという伝統あるクラブの歴史で、次の章を描くことに貢献できる機会を得られたことに対し、信じ難いほど光栄に思っており言い表す言葉がありません」とコメントしている。

 今季は16位と低迷したフィオレンティーナは巻き返しが急務。そのためにもコミッソ氏の手腕に期待が寄せられている。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/7(金) 23:01
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事