ここから本文です

GI戦線同様に大荒れ必至。 マーメイドSは格下軽量馬4頭でガッポリ

6/7(金) 5:57配信

webスポルティーバ

東京競馬場におけるGI5週連続開催は波乱の連続で幕を閉じた。GI日本ダービー(東京・芝2400m)は、断然の1番人気だったサートゥルナーリアが4着に沈み、12番人気のロジャーバローズが大金星をゲット。先週のGI安田記念(東京・芝1600m)では、「2強」と言われたアーモンドアイとダノンプレミアムが敗れ、4番人気のインディチャンプが見事な勝利を飾った。

【写真】藤沢和雄厩舎、期待の2歳馬

 そんなGI戦がひと休みとなるなか、今週はGIIIマーメイドS(6月9日/阪神・芝2000m)が行なわれる。そして同レースも、波乱続きのGI戦と同じく大荒れの可能性を秘めている。

 というのも、マーメイドSは"荒れる重賞"のひとつとして有名だからだ。

 過去10年の結果を見ても、10番人気以下の穴馬が馬券圏内(3着以内)に飛び込んできたことが7度もあり、3連単の配当はすべて万馬券。そのうち、7回が10万円超えの高配当となっている。昨年も、10番人気のアンドリエッテが優勝し、3連単は26万3970円という高配当をつけた。

 とすれば、今回も穴狙いに徹したほうがいいだろう。そこで、過去10年の結果を参考にして、今年のレースで波乱を起こしそうな激走馬をあぶり出してみたい。

 過去の成績を見ると、オープンクラスのひとつ下、3勝クラス(旧1600万下)の馬でも十分通用していることがわかる。

 先述したアンドリエッテは、マーメイドSの前に3勝クラスを3戦して、6着、8着、3着と足踏みしていた。2015年に8番人気で勝利したシャトーブランシュも同様だ。前年9月に2勝クラス(旧1000万下)を勝ったあと、そこから3勝クラス、さらには重賞でも奮闘しているものの、勝ち星を得るまでには至っていなかった。

 この2頭の例から、3勝クラスで足踏みしている馬が狙い目とみる。しかもこのレースはハンデ戦で、3勝クラスを快勝して人気になりそうな面々に比べて、斤量面で恩恵を受けるのも好材料となる。

 今年、こうしたタイプで浮上するのは、クィーンズベスト(牝6歳)とサラス(牝4歳)だ。

1/2ページ

最終更新:6/7(金) 5:57
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事