ここから本文です

メキシコ軍、重火器で抵抗の密漁中国マフィアを機関銃で制圧

6/8(土) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 メキシコ西岸のカリフォルニア湾で、絶滅が危惧されている高級魚、ニベ科の「トトアバ」約8億元(約130億円)相当を密漁し、中国に密輸したとして、中国司法当局はこのほど中国マフィアの構成員11人を起訴していたことが分かった。

 彼らの狙いはトトアバの浮袋で、中国で若返りの効果があるとされる漢方薬として珍重されている。浮き袋を乾燥させた「魚肚」は、ナマコ、アワビ、フカヒレと合わせて「参鮑翅肚」と呼ばれ「中国四大海味」の1つ。

 フランス通信(AFP)によると、メキシコ海軍の艦船が今年4月下旬の深夜、カリフォルニア湾内で、トトアバを密猟している不審船約20隻を発見、拿捕しようとしたところ、不審船からは大量に石が投げられた。さらに、武装した一団が重火器を使って抵抗したため、機関銃などで制圧し数十人を逮捕した。

 不審船の内部にはトトアバが大量に貯蔵されており、その数は2万匹にも達していたことが分かった。

 逮捕者はほとんどがメキシコ人だったが、そのなかに11人の中国人が含まれていたことが分かり、中国司法当局に連絡し、中国側に引き渡したという。

 中国側の取り調べによると、彼らは中国南部広東省江門市を根城にしている中国マフィア組織の一味だった。

 また、その後、メキシコ警察は4月下旬、飛行機の預け入れ荷物にトトアバの乾燥した浮き袋を大量に詰めて運ぼうとしていた中国人の男1人を逮捕した。男のスーツケース2個が強烈な異臭を放っており、なかを調べたところ、トトアバの浮き袋416個を発見した。逮捕された男は罰金600ドル(約6万6000円)を支払い、条件付きで釈放されたという。男は中国マフィア一味の仲間だとみられている。

 中国や香港では、トトアバは乱獲がたたって絶滅危惧種に指定されており、現在は禁漁となっている。マフィア一味はここ数年、メキシコのカリフォルニア湾に頻繁に現れて密漁しており、乱獲のあおりで、カリフォルニア湾のトトアバも絶滅危惧種に指定されている。

最終更新:6/8(土) 7:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事