ここから本文です

トランプ氏堪能「アイダホ産じゃがいも」、本当は国産だった

6/8(土) 7:00配信

NEWS ポストセブン

──でも、テレビでは「アイダホ産」って……。
「そうなんですか? こっちじゃわからないですね……」

 外務省にも確認すると、「(アイダホ産という報道は)間違いです。調整の過程は申し上げられませんが、トランプ大統領に提供したのは北海道産のじゃがいもです」と回答。意外なほどあっさりと、“メイド・イン・ジャパン”だったと認めるのだ。

 では、いったいなぜ「アイダホ産」が独り歩きしたのか。

 テレビ局スタッフに聞くと、「政治部の記者が官邸経由で『じゃがいもはアイダホ産のものを出す』という情報を聞いてきたから、そういう解説をしたんですが……」と困惑した様子。

 内情を知る官邸スタッフが、この“誤情報リーク”の舞台裏を明かす。

「外務省がトランプ大統領へのおもてなしとしてアイダホ産のじゃがいもを使ってもらうというアイディアを出してきたので、『これは面白いじゃないか』と政府高官の一人が親しい記者たちにすぐにしゃべってしまった。

 その後、結局調達できなかったと外務省から報告があったんですが、当の高官は『もうメディアにアイダホ産を使うって話しちゃったから』と軽く受け流すだけ。それで、情報が訂正されることがないまま流れてしまったのだろう」

 総理官邸報道室にぶつけると、「事実関係は承知していません」と言うばかりだった。

 炉端焼き店の店主によると、「トランプ大統領には、北海道産であることを説明した」という。となれば、アイダホ産と思い込んでいたのは報道で知った視聴者だけ。いわば「官製フェイクニュース」に騙されたわけで、さすがに“ホクホク”としてはいられない。

※週刊ポスト2019年6月21日号

2/2ページ

最終更新:6/8(土) 10:01
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事