ここから本文です

【ONE】『格闘代理戦争』から6.15 ONEデビュー、平田樹「今まで日本の女子格にいなかったような選手になりたい」

6/8(土) 11:07配信

ゴング格闘技

6月15日(土)、中国・上海の宝山スポーツセンターで開催される「ONE:LEGENDARY QUEST」に、AbemaTVの格闘ドキュメンタリー番組『格闘代理戦争3rdシーズン』で優勝した平田樹(K-Clann)が出場し、プロMMAデビュー戦を迎える。

【写真】笑顔にあどけなさが残る平田。背中が大きくなっていた

異例のキャリアップを遂げた19歳の平田は、名門「春日柔道クラブ」で柔道を始め、強豪校「創志学園」で高校総体に出場するなど活躍。高校卒業後にMMAを始め、『格闘代理戦争』でパク・ポヒョン、MIO、古瀬美月を破り、ONEとの契約を果たした。

平田のONEデビュー戦の対戦相手はアンジェリー・サバナル(フィリピン)。MMA1勝1敗ながら、2018年3月にはリカ・イシゲに判定勝ちしている29歳のストライカーだ。

いよいよ試合を迎える平田に、これまでの軌跡を、そして未来を訊いた。

柔道でもスイッチが入ったら止まらなくて殴ってしまいそうで、総合をやろうと決めました

――いま、撮影をしている間、創志学園時代の動画を見ていました。胸を合わせてというより、引き手、釣り手を持ったら、多少強引でも……。

「はい。持てたら投げに行ってましたね」

――そして、投げても極めに行っていた。

「ずっと寝技が好きで、柔道のときから本当に試合を決めるのは寝技だったんです」

――出身は東京ですよね。柔道を始めた「春日柔道クラブ」といえば名門で、ベイカー茉秋選手やウルフ・アロン選手が通っていたことで有名ですが、格闘家にも中村K太郎選手や石渡伸太郎選手、安藤晃司選手も同クラブの出身です。

「そうですよね。私はどちらかというとお兄ちゃんの影響で通うようになって、中学、高校も2人ともずっと寮住まいで柔道をやっていました」

――小学5年で全国大会3位、中学でも全国大会に出られてますね。なぜ寝技が好きになったんでしょう。

「お兄ちゃんも寝技が好きで、お兄ちゃんから教わることが多くて、たぶんその影響です。柔道時代は“三角”をよく使っていました」

――それはいわゆる柔道での“三角”でしょうか。オモプラッタのように腕を巻き込んだり……。

「あっ、そうです。三角で思いっきり腕を極めて抑え込むというのをずっと練習していました。柔道だと相手が四つん這いになったたりするので、そこから返すって感じです」

――いまのMMAでは、三角絞めの動きはそれほど見せていないですよね。

「柔道と違う形で、MMAでは寝技で下になることがあんまりなかったですし、下になったらちょっとパウンドがやばいので」

――そうですね。やはり平田選手は投げて上からしっかり抑え込んで極めるイメージです。高校時代は、岡山の強豪校「創志学園」で高校総体にも出場しました。岡山で寝技というと金光弥一兵衛など、寝技が強いイメージがあります。創志学園でもそういう傾向はあったのでしょうか。

「今もそうだと思います。練習でもやっぱり寝技の補強が多かったですし、寝技もけっこうやりました」

――高校のFacebookに載っていた写真を見ると、今と違ってふっくらとしていて。柔道でも52キロ級でしたよね?

「このときはたぶん、60キロくらいありました(苦笑)」

――当時の記録では、同世代に武田亮子、富沢佳奈といったそうそうたるメンバーのなかに平田樹という名前を見ることができます。富沢選手とは……。

「練習でやったことがあって、でも全然抜群に強かったです。パワーと投げ技のタイミングが凄くて。やっぱり試合では寝技っていうタイミングがないので……立ち技で決める人が多かったです」

――全国高校選手権で富沢佳奈選手とは対戦予定でしたが、不戦勝になっていました。あれは……。

「あれは、自分が足を怪我をしていて。出ようと思っていたんですけど……でも、そのとき3回目の手術前で、超悩んだ末にやめて」

――高校の競技生活でもそんな大変なことがあったんですね。

「ずっと手術でした。本当に怪我、怪我と続いて……。1年くらいスポーツ復帰ができないときもあって、それが一番キツかったですね。中1で手術をして、中3で手術をして、高校3年生で手術をして。中学のときは全然、練習もできずにいました。高校でも怪我をしていて減量をするのはあまり良くないといわれていて、ずっと57kgにしていました。ただ、ウエイトトレーニングはやってもよかったので、上半身を鍛えたりしていました」

――それでふっくらしていた。そういう中で総合格闘技、MMAに目が向いたのはどんな気持ちからでしたか。

「柔道だとルールがあるじゃないですか。礼儀は“なっていた”と思うんですけど、負けん気が強いので、本当に人を殴ってしまうんじゃないかと思って。自分でも練習中とかに、1回スイッチが入ったら本当に止まらないという感じだったんです。これはもう柔道じゃないなと思って、高校卒業してから総合をやろうと決めていて、今に至ります」

――柔道でも激しい組み手争いのときは、殴り合っているような状態になることはあるかと思います。そんなときに、だったら殴りありの方がいいと?

「思いました。ルールを変えたほうがいいんじゃないかと思って(苦笑)」

1/3ページ

最終更新:6/8(土) 11:07
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ