ここから本文です

6月は花嫁の季節!ジューンブライドだったカップル列伝

6/8(土) 23:00配信

25ansウエディング

「結婚」を司るローマ神話の女神、ユノーに由来する6月に結婚する花嫁は一生幸せになれる・・・ヨーロッパから伝わった、幸せな結婚のジンクスとして知られている「ジューンブライド」伝説。そこで、6月に結婚式を挙げた、往年のセレブカップルを紹介します。

エドワード8世&ウォリス・シンプソン

愛のために王冠を捨てたスキャンダラスな「世紀の恋」が後世にまで語り継がれている英国エドワード8世と、米国人女性ウォリス・シンプソン。英国王室の反対だけでなくイギリス国民からも大バッシングを受けた二人の結婚。1937年6月3日、フランス・トゥールで行われた結婚式は、ごく親しい16人の友人のみが招待されたひっそりとしたものでした。

ロバート・F・ケネディ&エセル・スカケル・ケネディ

第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディの実弟で、司法長官を務めたロバート・F・ケネディと妻のエセル。写真は1950年6月15日に行われた二人の初々しいウエディングシーン。ロバートが1968年に暗殺された後も、彼女は夫との間にできた11人の子供を懸命に育て、のちに末娘のロリー・ケネディが手がけたドキュメンタリー映画『エセル』の題材にもなりました。

チャーリー・チャップリン&妻ウーナ

生涯で4度の結婚をした世紀の喜劇王、チャーリー・チャップリン。しかもお相手は10代ばかり!4度目の結婚相手に選んだのは、アメリカの劇作家、ユージン・オニールの一人娘であるウーナ・オニール。結婚した1943年6月当時、チャップリンは53歳、ウーナはなんと18歳。親子ほどの歳の差のある二人でしたが、絆は強く、幸せな生活は生涯続きました。

マリリン・モンロー&アーサー・ミラー

野球界のヒーロー、ジョー・ディマジオとの離婚から2年後にマリリン・モンローが再婚相手に選んだのが、文壇の大物、劇作家のアーサー・ミラー。モンローのために脚本を書いた「荒馬と女」はあまりにも有名で、のちに彼女の遺作に。結婚を前後してモンローの精神状態が不安定になり、結局、結婚生活は4年半で破綻してしまいました。

ブリジット・バルドー&ジャック・シャリエ

フランスを代表するファム・ファタール、BB(べべ)ことブリジット・バルドーも実はジューンブライドだった! 彼女の2番目の夫、俳優のジャック・シャリエとの結婚式では、BBが好んで着たギンガムチェックの可憐なミディ丈ドレス姿で。その後一児をもうけるものの、嫉妬深く亭主関白だった彼との結婚生活自体はたった3年しか続きませんでした。

Photo: Getty Images

最終更新:6/8(土) 23:00
25ansウエディング

記事提供社からのご案内(外部サイト)

25ansウエディング

ハースト婦人画報社

2018~2019 Winter
2018年12月7日発売

1500円+税

『25ansウエディング』は、人生最大のイベントである結婚を真剣に捉えるふたりのために「真のラグジュアリー・ウエディング」を提案します。年間4種類。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ