ここから本文です

阪神の中継ぎ陣は強力やで。交流戦は投手力をフルに出せばパに十分に太刀打ちができるよ【岡田彰布のそらそうよ】

6/9(日) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

6回まで勝っていたら15勝1敗の中継ぎ陣

左腕の島本もすごい球を投げ出しているわ

 5月29日、オレは甲子園の放送席にいた。阪神対巨人のテレビ解説、そして時間をも忘れる素晴らしい試合を見たわ。その結果は……延長12回裏、代打・高山(高山俊)のサヨナラ満塁本塁打!! すごいゲームだったし、終盤に追いつき、最後に決めた阪神にとって、ホンマ、大きな1勝になった。

 勝った要因はいろいろある。その中で最大のものは阪神中継ぎ陣の強さである。これは巨人の中継ぎ陣と比較して、圧倒するほどのスゴみがある。野球は守り、野球は投手力といわれるが、これをあらためて実証する阪神の劇的勝利やった。

 とにかく今シーズンのタイガースのセットアッパーからクローザーの陣容は素晴らしい。勝ちの展開での能見(能見篤史)、藤川(藤川球児)、ジョンソン、ドリス。これは相手にとっては脅威や。それを実証するデータがある。なんでも今シーズン6回を終わって阪神リードの場合、ナント15勝1敗という数字があるそうだ。先発投手が頑張り、6回を1点リードする展開なら、これでほぼ勝てるということ。ということは、相手チームにしてみれば、6回までに何とかリードしとかないと勝ち目がないということになり、これは相当なプレッシャーになる。

 同じような勝ちパターンをオレは経験している。そう、2005年、リーグ優勝のときの「JFK」よ。あのときはまさに盤石。1点でもリードしていたら、7回以降のこの3人で逃げ切れる。そう確信していたもんね。

 もちろん、いつの時代も中継ぎ投手は重要よ。ただ、先発に重きが置かれていた時代もあり、セットアッパーに光が注がれることは、あまりなかった。でも監督になって、オレは考え・・・ 本文:2,344文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:6/9(日) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る