ここから本文です

元次官に殺害された息子が女性に伝えた「大切な人」の存在

6/9(日) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 元農林水産省次官の熊沢英昭容疑者(76才)が、息子の熊沢英一郎さん(享年44)を自宅で刺殺した事件。熊沢容疑者は英一郎さんの上半身を何度も刺し、自ら通報。取り調べに対し、5月下旬に川崎市で児童ら20人が殺傷された事件に触れ「息子が他人に危害を加える恐れがあった」と供述したという。だが、英一郎さんが亡くなる2日前まで連絡をとっていた女性・サツキさん(仮名)は、こう語る。

【写真】殺害された英一郎さん

「報道を受けたネットの反応を見ていると、『彼は殺されてもしょうがなかった』といったような意見が少なくありません。でも、私はそうは思えないのです。彼は、少なくとも私にとっては、今のように悪く言われるような人ではなかったからです」(サツキさん、以下同)

 報道では、英一郎さんが両親に暴力を振るっていたこと、ネット上で他のユーザーを挑発するなどしていたこと、近所の小学校で開催されていた運動会について「うるさい、子供たちをぶっ殺す」と発言したとされていることなどが、容疑者に行動を起こさせたと繰り返し報じられている。それが「父親が息子を殺害したのは仕方がなかった」という論調につながっていると見られる。一方で、前述のサツキさんのような声はほとんど聞こえてこない。

 サツキさんと英一郎さんの出会いは約2年前。2人がプレイしていたオンラインゲームを介して知り合った。

「私のツイッターのアイコンをそのゲームのキャラクターにしていたら、英一郎さんからフォローされたんです。それでお互いにダイレクトを通じて、やりとりをするようになりました。リアル世界で会うことはなかったのですが、この2年間、頻繁に連絡を取り合っていました。

 英一郎さんは当初から、『自分の父は農林水産省の事務次官を務めた、あの熊沢です』と明かしていました。それは自慢するといった印象ではなく、お父様のことを尊敬していることが伝わってきました」

 オンラインゲームでは、プレイヤーたちは好きなキャラクターでゲームに参加する。そのゲーム内の「仮想空間」で知り合った他のプレイヤーたちとチームを組んで一緒に戦うこともできる。近年、オンラインゲームがきっかけで交際や結婚にいたる男女も少なくない。

1/2ページ

最終更新:6/9(日) 8:36
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ