ここから本文です

女性起業家が考えた広報の形

6/9(日) 0:01配信

Japan In-depth

【まとめ】

・20代でベンチャーSelanを立ち上げた女性起業家樋口亜希さん。

・認知度アップのために広報業務に奔走。

・今後はリベラルアーツコンテンツをアジア中に広げていきたい。

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=46195でお読みください。】



共働き世帯は、1980年以降右肩上がりに数を伸ばし、2012年以降は1000万世帯を突破、なお増加し続けている。さらに、働き方改革で女性活躍のチャンスは着実に増えている。しかし、最新の調査では、上場企業3490社のうち女性役員が一人もいない企業は2223社で、全体の63.6%を占めることがわかった。(2019年5月東京商工リサーチの「女性役員比率」調査)さらに、「日本で起業をしている女性」を他国と比較すると、その割合はブラジルの7分の1、米国、中国と比較しても5分の1に留まっている。

そうした中、20代でベンチャー企業Selanを立ち上げ、4年間成長を続けている女性起業家 樋口亜希さん。教育ビジネスで成長を続けてきた経験と今後の挑戦を伺った。

■ Selanが解決する社会課題

Selanが展開している「お迎えシスター」は、お迎えと家庭教師を掛け合わせたサービスである。バイリンガルの大学生が保育園や小学校に子どもを迎えに行き、英語で話しながら一緒に帰宅。その後、自宅で英会話のレッスンをする。両親は在宅の必要はなく、その間の迎えやレッスンの状況はLINEでリアルタイム報告する仕組みだ。その日の成果は動画ですぐ共有する仕組みである。

「起業当時から2つの社会課題を解決するという路線は変っていない。」という樋口さん。

「まずは女性活躍推進の側面。日本のお母さんたちにとって子供の「お迎え」が大きな課題となっている。その代わりを担い、お母さんが自己実現できる環境を整えたいということ。もう一つは、日本の子供たちが国際的な環境に触れる機会が少ないこと。国際的な場では、デスカッションをする文化が強く、知らない分野の話や単語が山のように降ってくる。その環境を留学に行かなくても、子供の頃から家庭で手軽に体験できるようにしたい。コンセプトは「子供たちにロールモデルを」。子供たちが先生というロールモデルに出会うことで、世界観が広がるきっかけ作りをしている。」

年数を重ねるごとに子供のデータが蓄積され、創業当時よりも、「教育」に焦点が当たるようになってきた、と樋口さん。“子どもたちに、語学だけでなく、それを通して国際的な視野も持ってもらいたい”という視点で、2017年に「dot.school」という、週末スクール型サービスをオープンした。子供のレベルや興味・ペースに合わせてオリジナル教育コンテンツを作っている。英語でAI、人権問題、経済、ビジネス、国際情勢など、大人が学ぶような内容を早いうちから学び、世界を広げてくことができる画期的なプログラムだ。

1/3ページ

最終更新:6/9(日) 0:01
Japan In-depth

Japan In-depthの前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事