ここから本文です

グーグルのクラウドゲーム「Stadia」について、いまわかっていることすべて

6/9(日) 14:11配信

WIRED.jp

ノートパソコンやテレビに高品質の動画をストリーミングするのは、10年以上も前から当たり前のことになっている。しかし、それと同じように高品質のゲームをストリーミングすることは、それほど簡単ではない。2000年代の幾度もの失敗を乗り越えたクラウドゲーミングは、いまマイクロソフトやテンセント(騰訊控股)、エレクトロニック・アーツなどが独自のプラットフォームの開発に取り組むなど、これまでで最も注目されている。

【動画】Stadiaの公式発表ヴィデオ

こうしたなかで最初に商用化にこぎつけるのは、グーグルのクラウドゲームサーヴィス「Stadia」になることが確実になりつつある。グーグルが6月6日(米国時間)に実施した発表会で、同社のフィル・ハリソンとジョン・ジャスティスが、ローンチタイトルや価格、だいたいのサーヴィス開始時期といった詳細を新たに発表したのだ。

ひと言でいえば、Stadiaのサーヴィス開始は11月になる。すぐにでも利用してみたいというユーザーのために、以下にもう少し詳しく説明しよう。

Stadia独占タイトルも用意

まず、「Stadia Founder’s Edition」と呼ばれる130ドル(約14,000円)のスターターキットの予約発売が始まった。これを購入することが、来年のどこかの時点でStadiaの本格サーヴィスが開始される前に申し込む唯一の手段となる。本格展開の時期についてグーグルの広報担当に確認したところで、「2020年を予定しています」と答えるだけだろう。

このスターターキットの中核をなすのは、グーグルのサーヴァーから送られてくるゲームデータを受信するWi-Fi対応のStadiaコントローラーと、テレビにゲームをストリーミングする「Chromecast Ultra」である。Stadiaは最終的に、パソコンやスマートフォン「Pixel 3」「Pixel 3a」のChromeブラウザーで動作するようになる。これらの機能は「サーヴィス開始時」には利用可能になると発表されている。だが、サーヴィスが本格展開されるまでは、Chromecastとテレビを利用するのが唯一の選択肢になる。

サーヴィス開始時のゲームのラインナップは、21のパブリッシャーによる31本が予定されている。Stadiaのディレクターであるジャック・バサーによると、タイトルの提供開始時期は「数カ月にまたがる」という。

提供タイトルはすでにリリースされているゲームがほとんどだが、Larian Studioの「バルダーズ・ゲート3」などの新作もいくつか含まれる(提供予定タイトルのリストは記事の最後に記載)。なかでもTequila Worksのアドヴェンチャーゲーム「Gylt」と、Coatsinkのアクションパズルゲーム「Get Packed」はStadia独占配信となる予定だ。

1/3ページ

最終更新:6/9(日) 14:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事