ここから本文です

《祝結婚》元恋人がいまだに忘れられない「M-1決勝前夜」の山里亮太

6/9(日) 6:00配信

文春オンライン

 6月3日に蒼井優(33)と結婚したお笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太(42)。5日の会見では詰め掛けた報道陣300人を前に、幸せいっぱいの結婚報告を行った。そんな会見を見て、小誌に胸のうちを語ってくれた女性がいた。

【写真】ブレイクした当時の南海キャンディーズ

「会見で緊張する山ちゃんを見ていて、15年前のM-1決勝で脚光を浴びた姿を思い出していました」

 そう語るのは、当時27歳の山里と交際していた、元TBSの枡田絵理奈アナに似た美人のA子さん。当時の彼女は、滋賀県に住む大学生だった。

山ちゃんからメールで「ご飯行きませんか」

 山里は1999年に結成したお笑いコンビ「足軽エンペラー」を解散し、2003年から現在の相方、“しずちゃん”こと山崎静代(40)と「南海キャンディーズ」を結成。A子さんが山里に出会ったのも、南キャンがM-1決勝に出たのも、その翌年のことだった。

「出会ったきっかけは、千原ジュニアさんや千鳥の大悟さんたちが中心の飲み会でした。お店を何軒かハシゴして、最後にみんなで山ちゃんの家で飲むことになった。自然な感じで連絡先を交換しました。

 数日後に山ちゃんからメールで、『ご飯行きませんか』と連絡があったときは驚きました。初対面のときに『芸人さんって遊んでるでしょう?』って聞いたら、山ちゃんは『芸人みんなが遊んでるとは思わないでほしい!』って、キレてたから。それからは、『今日はこんな仕事だったよ』みたいなメールをやり取りする毎日でした」

「女子大生の会話が一番インスピレーションが湧く」

 結婚会見で、新婦の蒼井は「山里さんの仕事に対する姿勢を本当に尊敬しています」と語っていたが、A子さんと会っているときもメモ帳を手放さなかったという山里。

「『カップル漫才だから、女子大生の会話が一番インスピレーションが湧く』と言って、私との日常会話でも使えそうな言葉があったらいつもメモしてた。私が山ちゃんの髪型に対して、『キノコの妖怪みたい』と言ったら、さっそくテレビでそのフレーズを使っていて、おもしろかった。

 仕事では大声でツッコんでいても、家では物腰が柔らかい山ちゃんだった。急に私の手を握って山ちゃんの上着のポケットに入れたときに、『おじゃまします、だよね』って言ったから、『何ですか?』って聞くと、この年にヒットした映画の『いま、会いにゆきます』でそういうシーンがあるらしく、映画を観て『やりたかった』と言っていたのを覚えています。意外とロマンチックなんだと思った」

1/3ページ

最終更新:6/9(日) 14:30
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ