ここから本文です

村田諒太、「7.12」再戦ポスター公開 意外な“旧敵”から強烈エール「強くあれ!」

6/9(日) 18:03配信

THE ANSWER

「7.12」大阪の再戦ポスター完成、昨年4月に破ったブランダムラからエール

 ボクシングの前WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は、7月12日にエディオンアリーナ大阪で同級王者ロブ・ブラント(米国)との再戦を迎える。昨年10月に米ラスベガスでの2度目の防衛戦で王座を奪われた相手。約9か月ぶりのリベンジマッチに向けて、試合用のポスターが完成した。村田が自身のインスタグラムで画像を公開し、かつての敵からも「強くあれ! イェー」とエールが届いている。

【画像】「強くあれ!」と旧敵も刺激的エール…村田が公開した“因縁ポスター”実際の写真

 大一番を約1か月後に控え、村田が再戦ポスターを公開した。正面を向いた日本の前王者が、鋭い目つきで前を見ている。背後には、ラスベガスで苦杯をなめさせられたブラントが仁王立ち。村田から奪ったチャンピオンベルトを右肩にかけ、背中合わせに立って正面に振り向いている。

 2人の頭上には「MURATA vs BRANT」の文字。その右側には、大きな赤い字で「2」と記された。WBA正規王座を争う第2弾。フジテレビが制作したポスターを、村田はインスタグラムで「試合のポスターが出来上がりました! 試合の様子は20時からフジテレビ系列全国ネットで生放送です!」と報告した。さらにコメント欄には意外な人物からのエールが記されている。

「強くあれ! イェー」

エールを送った意外な旧敵は? 拳を交えた戦友のリベンジ成功願う

 握り拳とグラブの絵文字とともに、こう記したのはエマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)だった。昨年4月にWBA王座初防衛戦の挑戦者として村田と対戦。試合は8回にフック気味の右ストレートをくらってTKO負けしたが、今回は拳を交えた戦友のリベンジ成功を願うようにつづっている。

 村田―ブラント戦の前座では、WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(BMB)が、同級1位ジョナサン・タコニン(フィリピン)とのV6戦を予定。2012年ロンドン五輪バンタム級で銅メダルを獲得した東洋太平洋フェザー級王者・清水聡(大橋)もWBOアジアパシフィック・スーパーフェザー級王者ジョー・ノイナイ(フィリピン)と対戦する。

 村田は敗北後、深く悩んだ末に現役続行を決めた。周囲の準備が整うにつれて、運命の一戦が近づく。ボクサー人生を懸けたリングまで後悔なく戦い抜く。

THE ANSWER編集部

最終更新:6/9(日) 18:11
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事