ここから本文です

シティ、ペップ熱望のポルトガル代表DF獲得へ 移籍金61億オファーと伊メディア報道

6/9(日) 16:50配信

Football ZONE web

右サイドバック補強を目指すシティ、ユーベDFカンセロにオファーか

 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、右サイドバックの補強としてイタリア王者ユベントスのポルトガル代表DFジョアン・カンセロの獲得を熱望。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は、ユベントスに5000万ユーロ(約61億円)のオファーが舞い込むと報じている。

 グアルディオラ監督が獲得を求めるカンセロは、昨夏にユベントスが獲得。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの獲得が話題を呼んだシーズンだったが、イタリアメディアはシーズン中からカンセロ獲得によるクロス数の増加や攻撃の最終段階での崩しのパターンが増えたことをレポートしており、補強の効果が大きい選手として話題を呼んでいた。

 カンセロは昨季、バレンシアからの期限付き移籍によりインテルでプレーしていたが、インテルは買い取りオプションを行使せず。シーズンの切れ目で、ユベントスが4000万ユーロ(約49億円)の移籍金を支払い獲得していた。

 そこから1年で再び評価を高めているカンセロに、シティは指揮官の意向もあり1000万ユーロを上乗せする形で5000万ユーロのオファーを投じるとしている。

 ユベントスとカンセロの関係は、マッシミリアーノ・アッレグリ監督が守備面を重視したためにイタリア代表DFマッティア・デ・シリオとの併用となっていたことからも、売却不可能な選手ではないと見られている。そのため、シティ行きが成立する可能性は十分にあると分析されている。

 イタリアで評価を高めたカンセロは、より攻撃的なサッカーを志向するシティの右サイドバックの補強として、プレミアリーグへと新天地を求めることになるのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/9(日) 16:50
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事