ここから本文です

2分間で2発のメッシ、5人翻弄の“スキップ弾”に海外称賛 「ゴールの道を切り開いた」

6/9(日) 12:30配信

Football ZONE web

ニカラグア戦で先制ゴールを奪うなど、圧巻の存在感でコパ・アメリカに向けて好調維持

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)は、現地時間7日に行われた国際親善試合ニカラグア戦で、わずか2分間で2ゴールを奪うなど5-1の大勝に貢献した。なかでも、華麗なドリブルで5人を翻弄して決めた先制ゴールを、海外メディアが「スキップするようにかわした」「ゴールの道を切り開いた」とこぞって称賛している。

【動画】「ゴールの道を切り開いた」と海外称賛 アルゼンチン代表FWメッシの5人翻弄“スキップ弾”

 4-3-3システムで臨んだアルゼンチンが序盤から試合を支配するなか、メッシが最初の見せ場を作ったのは前半37分だった。ペナルティーエリア内右でMFジオバニ・ロ・チェルソ(ベティス)の縦パスを受けると、得意の細かなタッチで5人の相手マーカーを幻惑。ボールどころか身体すら触れさせることなくゴール正面に入り込み、先制ゴールを流し込んだ。

 その1分後にはFWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)のシュートのこぼれ球を冷静に詰めて追加点をゲット。メッシは2ゴールを挙げて前半の45分間で“お役御免”となったなか、アルゼンチンは後半にFWラウタロ・マルティネス(インテル)の2ゴールなどで大量5点を奪い快勝した。

 衛星放送「ビーイン・スポーツ」USA版公式ツイッターは、「リオネル・メッシはニカラグアの選手をスキップするようにかわし、“ゴールの道”を切り開いた」と先制ゴールの個人技を称賛。スペイン紙「マルカ」も「印象的なソロゴール」と評し、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は「エリア内でトリプル(3度の)カットを見せ、GKの下を射抜いて自分の仕事を完成させた」と報じている。

 渇望する代表でのタイトル獲得を懸けたコパ・アメリカに向けて、メッシは心身ともに充実しているようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/9(日) 13:05
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事