ここから本文です

長友、18歳久保ら“FC東京チルドレン”7ショット投稿 デビューの後輩にエール「翔け!」

6/9(日) 23:47配信

Football ZONE web

エルサルバドル戦でA代表デビューの久保をはじめ、FC東京所属歴のある海外組も集結

 森保一監督率いる日本代表は、9日に行われた国際親善試合エルサルバドル戦で2-0と勝利した。18歳のMF久保建英(FC東京)がA代表デビューを飾るなか、この日出番はなかったDF長友佑都(ガラタサライ)が自身のツイッターを更新。FC東京にゆかりのある選手が揃った集合写真とともに、久保に「翔け!」とメッセージを送った。

【写真】「翔け!」と18歳の至宝にエール 日本代表DF長友、久保建英ら“FC東京チルドレン”7ショット披露

 5日のトリニダード・トバゴ戦(0-0)に続き3-4-2-1システムでスタートした日本は、前半19分に4年ぶりに代表復帰したFW永井謙佑(FC東京)が自身代表初ゴールで先制。同41分にもMF原口元気(ハノーファー)の折り返しを永井が仕留め、前半だけで2点のリードを奪った。

 後半11分、永井が右肩を負傷するアクシデントに見舞われてそのままピッチから退場。同14分、永井に代えてFW大迫勇也(ブレーメン)、伊東に代えてDF室屋成(FC東京)、DF畠中槙之輔(横浜F・マリノス)に代えてDF山中亮輔(浦和レッズ)の3人が同時投入され、システムも4-2-3-1へと変更。後半22分、原口に代えてMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)が入った一方、南野に代えて久保が投入され、史上2番目の若さとなる18歳5日での代表デビューを果たした。

 その直後の同28分、大迫の縦パスを受けた久保が魅せた。相手ペナルティーエリア右付近で抜け出した久保は、2人に囲まれながらも細かいタッチでドリブルを開始すると、絶妙なタッチで2人の間を突破。そのまま左足を振り抜き、代表初シュートで相手ゴールを強襲した。これはGKの好セーブに阻まれたが、18歳のプレーに会場は騒然となった。

 トリニダード・トバゴ戦に先発出場した長友はこの日出番がなかったが、試合後にツイッターを更新。「代表戦応援ありがとうございました!」と感謝の言葉を述べるとともに2枚の写真をアップした。

「FC東京の皆さんお待たせしました! FC東京チルドレンです」

 写真では、2ゴールを挙げた永井、デビューを飾った久保、MF橋本拳人、DF室屋成と現在のFC東京メンバーのほか、長友、中島、GK権田修一(ポルティモネンセ)とFC東京所属歴を持つ海外組も加わった顔ぶれとなっている。

 そして、大きな期待を背負う久保に対しても「建英代表デビューおめでとう!」と祝福し、「翔け!」とエールを送っていた。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/9(日) 23:47
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事