ここから本文です

「山里亮太&蒼井優」が行った結婚会見の絶大な効果、芸能人はこうでなくっちゃ

6/9(日) 6:00配信

デイリー新潮

 時代が令和に入ってから陰鬱なニュースが続いた。無垢な子供らが犠牲になった川崎市の通り魔大量殺傷事件、元農水省事務次官による長男刺殺事件、高齢ドライバーによる死亡事故の多発――。そんな中、久しぶりに明るい話題となったのが、南海キャンディーズの山ちゃんこと山里亮太(42)と若き名女優・蒼井優(33)の結婚だろう。近年は結婚会見を開かない芸能人が大半だが、2人はそれも行い、世間に幸せを分けた。芸能人は夢を売る仕事でもあるので、天晴れと言っていいだろう。

 ***

「(蒼井の)笑っている姿が素晴らしいので、ずっと家に帰っても笑わせられたら」(山里)

「私はとても山里さんのお父さんとお母さんも、お二方のことがすごく好きで、山里家の一員になれるということに、もう一つ心強さというか、『結婚ってこういうことなんだ』と思いました」(蒼井)

 6月5日、ヒルトン東京(東京・西新宿)で結婚会見に臨んだ2人は終始、喜色満面。質疑応答は計75分間にもおよび、記者たちの質問にたっぷり答えた。

 芸能人同士の結婚は珍しくないが、会見を行うカップルは昭和期と比べて激減した。2人そろっての会見は、2016年3月の片岡愛之助(47)と藤原紀香(47)以来、途絶えていた。ほかのカップルはというと、各マスコミへのファックスやホームページなどでの報告に留めていた。

 だから2人の会見は、より目立った。また、暗いニュースが続いていた中で行われたので、意義深かった。結果的に「芸能人とは何か?」までを考えさせた。芸能人という職業は、世間に夢を与えたり、感動させたり、幸せな気分に浸らせるものであるはず。その点、この会見は満点だった。

 会見効果もあったのか、ツイッターのトレンドでは「山ちゃん」と「蒼井優」が世界で1位と2位に。日本の芸能人が上位になることはまずないので、いかに世間が注目したかがうかがえる。

 そのツイッターには「まだ信じられない」「なぜなんだ」といった言葉がずらりと並んだものの、2人の結婚を真っ向から否定的するような意見はほとんど見受けられなかった。この結婚を世間の多くが祝福しているのだろう。

1/3ページ

最終更新:6/12(水) 16:45
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事