ここから本文です

積極走塁が楽天を押し上げる力となる!【伊原春樹の「野球の真髄」】

6/10(月) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

平井が二塁へけん制した瞬間、スタートを切って本塁に生還した島内/写真=井沢雄一郎

 楽天が6月3日現在、首位と健闘している。その要因は何か。チーム成績を見るとチーム防御率4.33はリーグ5位と低迷。特に則本昂大、1日に復帰したが岸孝之とそれまで先発2枚看板を欠き、先発陣は苦しい。規定投球回に達しているのは美馬学のみだが防御率4.50でワースト2位。打線に目を転じてもチーム打率.257はリーグ2位タイ、チーム本塁打も63を数えるがこれもリーグ4位だ。盗塁に至ってはリーグ最下位の19。突出した数字は見当たらないが、チーム得点数が西武に次ぐ260を誇っている。

 得点力が弱い投手陣をカバーしているわけだが、得点を重ねられている要因の一つは走塁面において、一つでも先の塁へ進もうという意識が徹底されている点だろう。今年から正式に楽天を率いる平石洋介監督といえば、1998年夏の甲子園で延長17回の激闘となった松坂大輔擁する横浜高との一戦でPL学園高の三塁コーチャーを務めていたことが有名だ。なんとか松坂を攻略しようと策を弄した。その三塁コーチャーとしての視点が平石監督に脈々と息づいているように感じるのだ。

 例えば・・・ 本文:1,269文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:6/10(月) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る