ここから本文です

新生SUPER☆GiRLS座談会「合宿で浅川梨奈さんに言われて気づけた自分たちの甘さ」

6/10(月) 12:03配信

エンタメNEXT

結成9年目を迎えたSUPER☆GiRLS。その活動歴だけを見れば、移り変わりの激しい女性アイドルシーンの中でベテランの域に突入したと言えるかもしれない。しかし、グループは昨年から今年にかけて大幅な人事刷新を断行。「オリジナルメンバーが不在に」「過半数が新人メンバー」という状況の中、まったく新しいカラーも身につけている。今回、インタビューに登場してくれたのは2期生の渡邉幸愛(21)、3期生の石橋蛍(17)と阿部夢梨(16)、4期生の金澤有希(26)と坂林佳奈(22)という精鋭5人。年齢もキャリアもバラバラなグループ内で、普段はどんなコミュニケーションが取られているのか…?(前後編同時公開の前編)

【関連写真】メンバーの水着姿が眩しいSUPER☆GiRLS『ナツカレ★バケーション」のジャケット

──5人の中だと、一番在籍期間が長いのが2期の渡邉さんになりますよね。

渡邉 入って6年になります。スパガが始まって4年目に私たち2期が入ったのかな。そして来年の6月12日で結成10周年!

──10周年は何か大々的にやる予定なんですか?

渡邉 その年に日本武道館に立ちたいと思っているんですよ。

──すでに武道館公演は経験していますよね。

渡邉 はい、でも私たち全員いない時代なので。

金澤 私はストリート生としてバックダンサーをしていて、ちょうどそのときにGEMのメンバーが発表されたんですよ。

──覚えています! あれがもう6年も前のことか。今のスパガってキャリアも年齢もバラバラじゃないですか。たとえば金澤さんや坂林さんは昨年末に4期で加入したばかりだけど、年齢的には上のほうだったりもするし。

坂林 そうなんですよ。たとえばゆうきりん(金澤)はGEMのリーダーだったし、iDOL Street歴でいうとすごく長いんですよね。

──スパガって上下関係厳しいんですか?

阿部 厳しいときもあったかもしれないですが、そんなことないときもあって。

石橋 今は多少はありますが、厳しくないです!

──昔は怖い先輩もいたんですか? 

渡邉 先輩といってもいろんなタイプがいて、自分をビシッと確立している人だったり、面倒見よく後輩を注意してくれる人だったり……。当時、全体的に厳しく注意してくれるのは勝田(梨乃)さんでしたね。

──普段からしっかりしてそうですもんね。

渡邉 そうですね。意見をきちんと持っている人だからこそ、メンバーの意見を代表してスタッフさんに伝えてくれたりもしましたし。そして後輩が間違っていたら、それをきちんと指摘するのも勝田さん。だから初期は上下関係も厳しいグループだったと思います。

──それが「厳しい期」の話。

石橋 その次に私たち3期生が3年前に入ったんですけど、その頃は「少しゆるい期」ですね。でも、ゆるいと言っても今よりは厳しかったかもしれないな。幸愛さんたち2期生が「私たちは3期生と一緒で、あとからの加入を経験している身。だから3期生にはより生き生きと活動してほしい」ってすごく寄り添ってくれたんです。すごく心の支えになったし、私たちが過ごしやすい環境を作ってくださったんですよ。

1/3ページ

最終更新:6/10(月) 12:03
エンタメNEXT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事