ここから本文です

エリザベス女王の公式誕生日、ルイ王子が初登場! キャサリン妃ご一家揃ってバルコニーへ

6/10(月) 14:20配信

25ansオンライン

今年も恒例のビッグイベントがやってまいりました! エリザベス女王の公式お誕生日。
女王には一年で2度のお誕生日があり、本当の生誕日は4月21日。この日は基本的にプライベートで静かにお過ごしになることが多い女王ですが、一年のうちで最もお天気が良い確率が高い6月に、公式のバースデーイベントが行われます。
それが、「トゥルーピング・ザ・カラー」と呼ばれるバースデー・パレード。

【写真】ルイ王子が遂にデビュー! トゥルーピング・ザ・カラー2019のベストモーメント

主役のエリザベス女王はもちろん、ロイヤルファミリーの皆様が一同に勢ぞろいするという点でも、一年でそうそうない貴重な機会でもあります。
例年にも増して今年は、期待ポイントがあったため、よりワクワク!
まずは、出産後初、メーガン妃が公の場に初登場!
そして、ルイ王子のバルコニー デビューなるか?
もしやもしやの、アーチー君もバルコニー デビューかも?!

さすがにアーチー君の登場は叶わず、でしたが、ルイ王子とメーガン妃は、推測通り、お姿拝見!
主役のエリザベス女王と共に、馬車パレードに同行されるのは、継承順位が高いシニアのロイヤルの皆様方。
先頭を行く第1馬車には、カミラ夫人、キャサリン妃とともに、メーガン妃&ハリー王子ご夫妻という、話題の方々がご一緒に。
不仲説をあえて払拭(ふっしょく)したいがゆえの作戦?とうがった見方をしてしまうほどですが(笑)。
一方のエリザベス女王が、めずらしくオープンではなく屋根付きの、スコティッシュ・ステート・コーチにおひとりで乗られていただけに、余計に勝手な推測が止まらず。
とはいえ、4人の方々のムードはいたってほんわか、良い感じでありました。

そして、待ちに待っていました、ロイヤルファミリーの皆様のバルコニー登場!
白とグレー系のツイードコートにお揃いのお帽子と、シックでエレガンスの極みのような上品なファッションのエリザベス女王、チャールズ皇太子ご夫妻に続き、ウィリアム王子&キャサリン妃の腕に抱かれたルイ王子の姿が!!
ジョージ王子にシャーロット王女ももちろんご一緒に。

先月からまた成長されたルイ王子は、なんともハイテンション!姉シャーロット王女にもまして、愛想の良いプリンス!!!びっくりです。
登場後すぐに、ロイヤルウェーブを披露。
しかも、その後もブンブン!両手でもブンブン(笑)。パレスの中へと戻られる際までブンブンと、とにかく超可愛い!!
誕生時の体重がケンブリッジ公爵家の兄妹の中で、最も重かったルイ王子ですが、エナジーも一番?!と思うほど、終始ご機嫌ですべてに興味津々なご様子でした。

一方長男ジョージはというと、なんだかシリアス顔が印象的。
すでに5回目の出席で、もう慣れちゃった? それとも、やはり公衆の面前が苦手?
それもこれも成長の証、を感じさせる、未来の国王プリンスでした。

ではケンブリッジ公爵家のプリンセス、シャーロット王女は。
こちらはいつでもどこでも変わらず、マイペースにナチュラルにニコニコ。お手振りももはやプリンセスの自覚ありといった風。
3人のご兄妹のファッションは、皆さんブルーで統一されていて、これはあきらかにキャサリン妃の意図でしょう。ケンブリッジ公爵家の鉄板カラー、ブルーです。

ではキャサリンのこの日のファッションは、レモンイエローをチョイス!!
初お披露目のドレスは、アレキサンダー・マックイーンのビスポーク。
クラシックな立ち襟に、ウエストのプリーツペプラムなど、キャサリン妃のお好きなディテールが生かされたドレスですね。かつての鉄板、七分袖のソフトコンシャスドレスが、モダンにアップデートされて、久々に登場しました。新鮮ですね。
この日のスタイルのキーは、何と言ってもお帽子!
昨年、メーガン妃&ハリー王子の結婚式で被られたもの(フィリップ・トレーシー)を使い回されたのですが、もしや、メーガン妃と同じ馬車に乗るということで、その時とリンクするこちらを選ばれたとか?
だとするなら、ドレスにもバッチリ、義理の妹とのコミュニケーションツールという点でもバッチリと、完璧な選択!あくまでも私の勝手な推測ですが(笑)

また、イヤリングはエリザベス女王からお借りになったパールとダイヤモンドをあわせて。
これは、女王へバーレーンから贈られたパールを使って作られたもので、キャサリン妃にとってもお似合い。そして度々愛用されていますが、やはりこの日は、エリザベス女王にリンクしたジュエリーをおつけになっているところも、キャサリン妃らしいですね。
もうひとつのジュエリー。Vに開いた首もとにはクロスのダイヤモンドネックレスも輝いています。
この詳細はいまだ不明ですが、2011年におつけになっていたり、さかのぼると2005年から愛用されていることがわかっています。
アシメトリーのまとめ髪も、超素敵!
お帽子と合わせて、見事に計算され尽くしていて、どの角度から見ても美しいというのが、さすが。

この日のスタイルは、あくまでも主役より派手にせず、でも色・デザインともに春らしく華やか、プラス品もあり。
気づけば、キャサリン妃のロイヤルスタイルというものが、進化しつつ確立されていることに、改めて感動を覚えました。

1/2ページ

最終更新:6/10(月) 18:42
25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2019年10月号
2019年8月28日発売

通常版:800円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事