ここから本文です

マイケル・ジャクソンの“闇”に踏み込んだドキュメンタリーは、ある「真実」を否応なしに突きつける

6/10(月) 12:13配信

WIRED.jp

彼はわたしたちのものだった。だからこそ「それを観ない」と、自らに言い聞かせていた。心のずっと奥深く、おそらく理性や理屈を超えた世界がどこかにあるに違いない。そこに、マイケル・ジャクソンの魂は宿っているのだと信じたかった。

【動画】マイケル・ジャクソンの“闇”に踏み込んだドキュメンタリー

守りたかったのは、マイケルのいる聖なる場所だ。守り通さなければならなかったのは、マイケルを崇めるために心に築き上げた“祭壇”だった。その祭壇が出来上がったのは、敬愛する同志がいたからだと思う。互いを助け、守り、かばい合うことを誓った同志だ。

マイケル・ジャクソンの少年性犯罪疑惑を、前編・後編を通して4時間にわたり追ったドキュメンタリー番組「Leaving Neverland(リーヴィング・ネヴァーランド)」(日本未公開)。それを観た直後、友人にメールを送り、こう伝えた。

これまでに観たマイケル・ジャクソンの私生活を事細かに描いた作品のうち、疑いようもなく最も絶望的で、おそらく最も身の毛がよだつ作品だった──。

守るべき“祭壇”

「興味ないわ」。友人はすぐに返事を寄こし、そう切り捨てた。「マイケルをそっとしておいて。彼は亡くなったの。終わりにして」

彼女の態度は、マイケルによる児童への性的虐待疑惑がかつてもち上がったとき、わたしたちの大半が見せた反応と何ら変わらなかった。

こうした態度は、「このドキュメンタリーは必ず忘れ去られなくてはならない」という屈辱からくるのだろう。このドキュメンタリーが放送されたときに、何千人もの人々がオンライン上でそれぞれの心にある祭壇を守ろうとした。彼女もそのひとりだ。

誰も彼女を責められないだろう。そんなつもりはまったくない。

“重力”のように逆らえない魅力

これが、かつてのキング・オブ・ポップの力だ。名声を極めたマイケル・ジャクソンは人を引きつける存在だったが、死してなお、相手を魅了する力は一層増している。月並みな言い方をすれば、みんな彼のそばを離れたがらなかったし、彼と一心同体になりたがっていた。しかし、そんな表現では彼の偉大さは言い表せない。マイケル・ジャクソンは、“重力”そのものだった。

マイケルの音楽に身を委ね、「ロック・ウィズ・ユー」や「ビリー・ジーン」から流れる絹のような声に包まれ、彼の愛のメッセージに酔いしれる。それだけで十分に満されていた。

マイケルは完璧にクールな究極のスターであり、憧れの的だった。彼は聴衆を魅了する歌手として稀代の才能をもつ、比類なきエンターテイナーだろう。人を惑わせ、夢中にさせる秘薬のようなその天才音楽家は、素晴らしい音楽を惜しみなく世に送り出してきた。

しかし、「ふたりの少年」にとっては、この抗うことができない彼のもつ不思議な力が、よくない結果を生んだ。この歌手がもつ裏の顔には、邪悪な影が差していたと、ふたりは話している。

1/2ページ

最終更新:6/10(月) 12:13
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事